[WBS] ホテルに天ぷら!舛添要一知事「私的流用」謝罪!

ワールドビジネスサテライト(WBS)

2016年5月13日、東京都の舛添要一知事は会見を開き自身が代表を務めていた政治団体の収支報告書に家族との宿泊費や飲食費など私的な支出が計上されていたことを認めました。

自らの進退については辞任の意向がないことを示しました。

舛添要一知事

2016年5月13日の14時過ぎ。
会見に臨んだ舛添要一知事は冒頭、自らの政治資金疑惑について謝罪しました。

心配している皆様方には心からおわびを申し上げます。

政治資金収支報告書に千葉県木更津市のホテルの宿泊代、約37万円を会議費として計上していた件については

宿泊していた部屋で事務所関係者と会議をしている。ただ会議に使用したとはいえ家族と宿泊していた部屋を利用したことから懸念を招いたことについては反省している。

家族と宿泊したホテル代と認めたものの事務所関係者などと会議も行ったため政治資金として計上したと説明しました。

「政治活動とは思えない」というのが普通の認識だと思うとの質問については

私自身が「政治活動だ」という認識を持った。十分反省をしていて今後こういうことが絶対にないようにしたい

さらに舛添要一知事は私的な飲食代など5件を政治資金として計上していたことも認めました。

舛添要一知事の自宅近くにある、そのひとつの天ぷら店を訪ねると、こんな声が

家族と来ていたこともある。領収書も出していたが何も書かずに渡した。

舛添要一知事は

当時の経理担当者によれば、いずれの飲食店も私や事務所関係者が政治活動で利用している飲食店であったことから「私個人の飲食である」と思わず謝って計上してしまった。

経理担当者のミスだったと主張した上で、ホテル代と飲食代合わせて約45万円分の収支報告書を訂正し返金する考えを明らかにしました。

進退については

全身全霊を尽くす。2020年の東京オリンピック・パラリンピックを史上最高の大会にする。この大きな目標に向かって全力を挙げて努力して都民の信頼を回復していきたい。

今回の会見で説明責任を果たしたと強調した舛添要一知事。

都民、国民の支持を取り戻すことは出来るのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする