「WBS」「ガイアの夜明け」「がっちりマンデー!!」「カンブリア宮殿」などのテレビ番組で気になったニュースからお金と仕事を考えて豊かな生活を目指します。

[がっちりマンデー] あなたの知らない、最新!儲かる「そとアソビ」ビジネス!(1)

2016年11月13日

あなたの知らない、最新!儲かる「そとアソビ」ビジネス!

株式会社アビラ

長野県飯山市。

日焼けした顔がいかにも遊び慣れしている関均社長。

「儲かっていますか?」

儲かっています!がっちり!

なんとも景気が良さそうですね。

どんな「そとアソビ」でがっちりなのか?

これです!

電線のように伸びているワイヤーが2本、これが何か?

ジップラインと言います。

ジップライン

関均社長が仕掛けた株式会社アビラの儲かるそとアソビはジップライン。

全長700m、全6コースを2時間かけて回ります。

お値段は1人3,800円。

どんな遊びかというと、専用の滑車をワイヤーに引っ掛けたら、そのままぶら下がって滑り落ちます。

なかなかのスリルですが、そんなに人気なのか?

お客様いっぱい来ます!明日も300人。

約10年前に日本に上陸して以来、全国で急増しているジップライン。

人気の秘密は子供も楽しめて大自然の中でスリルが味わえるっていうところです。

そんな儲かりそとアソビ、ジップラインをある場所で作ることでがっちりなんです。

スキー場です。夏場は雪がないですからスキー場の空いている場所を使って、このアクティビティをやっています。

スキー場

スキー場の一番の悩みは雪が降らない夏場のオフシーズン。

施設の維持費やリフトのメンテナンスなどコストはかかるのにお客様は来ない。

何を隠そう関均社長も、

スキー場の経営者です。ホテルもやっていますけど夏場は儲からないですね。

斑尾スキー場の経営者。

これまでもグラススキー、テニスコート、ゴルフ場など色々やってきましたが一向にお客様が増えない。

そこで7年前の2009年にたどり着いたのがジップライン。

関均社長曰く、ジップラインとスキー場はとっても相性が抜群。

土地がいっぱいある。それと地形がいい。ジップラインに適した地形がスキー場にはある。ワイヤーが100mの場合、5mの高低差があれば良い。それでワイヤーを垂らす。

ジップラインもスキー場も、どちらも広い場所で高低差を活かした遊び。

だから新たに場所を探す必要がありません。

さらに、

下りたお客様をリフトで動かして、まつぁスタート地点に戻すことができる。冬しか稼働していないレストランがジップラインの基地になる。

ジップラインの一番の課題はスタート地点までお客様をどう運ぶか?

スキー場ならリフトに乗って楽々上がれるからバスなどで送迎するコストも掛からない。

スキー場のレストランもそのまま営業すれば売上アップ!

お金が掛かるのはコース作りの費用とメンテナス代だけ。

でも、そこに結構使っちゃうのではないでしょうか?

自分で作って自分で稼ぐ。

ジップラインのコース

ジップラインのコースは全て自分たちで作る。

ジップラインのコースってそんなに簡単に作れるの?

ジップラインもワイヤーですから、スキー場のリフトを扱うスタッフはワイヤーのプロ。スキー場はショベルカーやブルドーザーを持っているので自分たちで作るのも上手。

ジップラインとスキー場で一番大切なものはどちらもワイヤー。

しかも現場のスタッフは冬場の除雪などで重機の操作に慣れているのでコースの設計から工事まで全部自分たちで作れる。

「どれくらい工事費がかかる?」

1,000万円くらい。

「他の業者にお願いすると?」

施工料が3倍くらいかかる!

3分の1のコストで作れる。

ジップライン設置後、夏場の来場者が5,000人以上やってきた斑尾スキー場。

  • ブログランキングへ
  • にほんブログ村

カテゴリー:ビジネス関連
タグ:

コメントを残す

プロフィール

嫁と4歳の息子の3人暮らしの30代後半のサラリーマンです。
詳しいプロフィール

カレンダー

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
  • ブログランキングへ
  • にほんブログ村

TOPに戻る