[WBS] [LINEモバイル]LINEが格安スマホに参入。「使い放題」で囲い込み

ワールドビジネスサテライト(WBS)

LINEが格安スマホ事業に参入

2016年3月24日舞浜アンフィシアターで行われたLINE株式会社の事業戦略発表会「LINE CONFERENCE TOKYO 2016」。

LINEを入口として人々とサービスがつながる「スマートポータル」を構築する。

出澤剛社長の宣言から始まった事業戦略発表会では決済事業会社の株式会社JCBとの提携。

中小企業向け広告配信サービスの強化など多くの新戦略を発表していました。
その中で最も注目を集めたのが舛田淳取締役が発表した「LINEモバイル」です。

LINEモバイル

今夏めどに格安スマホ事業に参入。
利用料金は月500円(税別)からとライバルの事業者と比較しても割安です。

さらにLINEならではの特徴があります。
コミュニケーション機能で発生するデータ通信はカウントフリー(使い放題)にされます。

つまりLINEを使用したメッセージや通話などはデータ通信料にカウントされないのです。

一般的な格安スマホは利用料金は安いのですが、データ通信に制限があり使えるデータ量が少ないものが多いです。

LINE株式会社は通信料の制限をなくすことでネットサービスなど自社のサービスを利用するお客様を囲い込むのが狙いだと考えられています。

またLINEに加えて交流サイトのfacebookやTwitterを使い放題にするプランも設定されています。

株式上場について

さらなる事業拡大を狙うLINE株式会社、株式上場が近いと言われています。

上場も含めて資金を調達して、より速くよく大きく成長するというのは当然検討すべきこと。

出澤剛社長は上場について検討をしていることは認めています。

約5年前にサービスが始まったLINE。
2015年3月のアクティブユーザーは全世界で約1億8,000万人と日本の人口より多い方々が利用しています。

今後、上場が決まれれば大きな反響になるのは間違いないですね。

これからの動向に注目です。