[ガイアの夜明け] 走れ!「レトロ」大作戦!(1)

走れ!「レトロ」大作戦!

THE LANDMARK SQUARE OSAKA(ザ ランドマークスクエア オオサカ)

大阪のシンボル「大阪城」。年間250万人が訪れる人気の観光スポットです。

外国人観光客の姿が目立ちます。

大阪城公園の一画にある建物。1931年に建設された歴史的建造物です。

9月下旬、中に入ってみると急ピッチで内装工事が進められていました。

10月19日に商業施設として再オープンするためです。

この建物は旧陸軍第四師団司令部庁舎として建設されました。

戦後は長らく大阪市立博物館として活用されていましたが2001年に閉館。以降は使われていませんでした。

株式会社ポジティブドリームパーソンズ

建物のリニューアルを手掛けるのはポジティブドリームパーソンズという会社。

結婚式場やレストランなど40店舗以上を展開する急成長中の企業です。

大阪市主催のコンペで歴史的建造物の活用と大阪城エリアの魅力の向上を訴えリニューアルを担当することになりました。

天守閣にある豊臣秀吉がいた部屋が金の部屋。それをモチーフにした。

かつて大阪の歴史資料を展示していた部屋は秀吉の黄金の茶室をイメージしたバーに生まれ変わりました。

限られた人しか入れなかった博物館の貴賓室は今回、レストランに生まれ変わり一般の人でも入れるようになります。

料理

内装だけではありません。料理にも趣向を凝らします。

この日はオープンを前にスタッフ向けの試食会が開かれていました。

秀吉が好んだという海の幸をふんだんに使った一品に、朝鮮半島への出兵時に母親に鯛を贈ったという故事にちなんで作られた金目鯛の料理。

すべての料理が秀吉にちなんだストーリーを持つディナーコース「秀吉」。1人前11品で1万1,800円です。

屋上テラス

そしてこの施設最大の目玉、それは屋上にありました。

ここからがすごい。強烈ですね。

天守閣が間近に迫る絶景が・・・。

この屋上、今までは人が入れる場所ではありませんでした。

それを結婚式やパーティーができるテラスに生まれ変わらせたのです。

この屋上を生かさない手はない。「天守閣に手が届く」とやった方がいいんじゃないかと。途中から屋上を活用していこうという方向に変わった。

実はこの建物、天守閣の真横にあるという絶好の立地だったのです。

ここで11月から始まる結婚式。予約は好調だといいます。

使っていない、こういう施設を再現して新しい魅力をお客様に提案して楽しんでいただく。

この秋、レトロを武器に勝負に掛けます。