[ガイアの夜明け] ニッポン式「健康」を世界へ!(1)

ニッポン式「健康」を世界へ!

スポンサーリンク

株式会社Kitahara Medical Strategies International (KMSI)

東京・八王子市。その住宅街の一画に病院があります。

北原国際病院。

中に入ると病院とは思えないゆったりとした雰囲気があります。

本当にホテルみたいでとても落ち着く。

その一方で、

名前言えず、歩行障害。

すぐに救急車がやって来ました。実はこの病院、脳外科を得意として脳梗塞など緊急性が高い患者さんが1日に何人も運ばれてきます。

救急患者を断らないことでも知られています。

我々が患者を断ったら、その次に行く所がないと思っている。

住民第一で地域の医療を支えてきました。

カンボジア

2015年5月、この北原国際病院である大きなプロジェクトが動き出そうとしていました。

バスから降り立ったのはカンボジアからやってきた人たち。

医師や看護師など総勢24人、北原国際病院に研修を受けに来たのです。日本で学ぶのは最新の脳外科技術など、みんな選りすぐりの人材です。

病院を率いる理事長の北原茂実さん。カンボジア人を受け入れるのにはワケがありました。

カンボジアで何が起こったかというと内戦で医療者を全部殺した。どう頑張ったらカンボジアの医療を復活させることができるか。

カンボジアでは1970年代に過激な共産革命が起こりました、そしてポル・ポト政権の下、富裕層や知識層を大量に虐殺。その中には多くの医療関係者も含まれていたのです。

戦火が収まった時には医師の数がカンボジア全体で50人に満たなかったといわれます。

その影響で現在も他の国に比べ医師の数が極端に少ないのです。

そこで北原さんが考えたのはカンボジアに「日本式の病院」を丸ごと輸出すること。そこを教育の場にして医師不足の解消に役立てたいというのです。

研修生の1人、ラ・ダビィさん(29歳)。カンボジアでは内科医でした。

この病院で訓練を積んでカンボジアに病院ができたら、みんなにもっといい治療ができると思います。

日本の医療はカンボジアを救えるのか?

託されたのは熱き思いを持った若き脳外科医。

世界一、信頼される病院になる。

一方、ベトナムの子供たち。その身体に異変が起きています。

ベトナムでは小学生の肥満が深刻な問題です。

そこで日本の大手食品メーカーが学校給食の改革に乗り出しました。

これをうちがひっくり返さないといけない。

ニッポン式「健康」を世界へ!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク