[ガイアの夜明け] ニッポン転換のとき〜追跡!食品ロスとの闘い(1)

ニッポン転換のとき〜追跡!食品ロスとの闘い

ナンクルナイサ きばいやんせー 品川店

宴会シーズンで賑わう居酒屋。

宴のあとはテーブルに大量の食べ残しが・・・

鍋は火に掛けてさえいません。

全て捨てられます

この日は厨房で団体客のための準備が進められていました。

人数が多いので来てからでは間に合いません。早めに用意しておきます。

ところが、

30名様だけど連絡が取れていない。予約が来なかったらだいぶ痛い。

30人の団体客が予約の時間を過ぎても現れません。代表者の電話は留守電のまま。

店長の向山光さん、気が気じゃありません。

やっと電話が通じました。

本日5時半より予約いただいていたかと・・・

相手は突然、予約の日程を変えたいと言い出しました。キャンセルです。

用意した料理は急遽、他の注文に回します。

全てを売り切ることはできず、大半が残ってしまいました。

一度盛り付けた生モノは捨てるしかありません

無断キャセルなどの食材の廃棄は店にとって大きな損失です。

休憩の時間を削って準備するので、極力こういうのはなくしたい。

食品ロス

食べられるのに捨てられる食品ロス。

こうして店や家庭から出る量は年間621万トンに・・・

これは東京都民1,300万人が1年間に食べる量に匹敵します。

もったいない。どうにかできなかったのか、悔しさがある。心が痛む。

食品ロス大国「日本」。

いつまでこんなことを続けるのか・・・

追跡!食品ロスとの闘い

売れ残った食べ物をなんとかしたい。新たな仕組みを始めた人たち。

そこに立ちはだかる壁とは。

ビジネスと社会貢献のいい狭間を見つけないといけない。

一方、流通業界の不可解なルールによって捨てられる加工食品。

一世を風靡したあのココナッツオイルに一体何が?

捨てたくて始めたわけじゃない。

追跡!食品ロスとの闘い。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする