「WBS」「ガイアの夜明け」「がっちりマンデー!!」「カンブリア宮殿」などのテレビ番組で気になったニュースからお金と仕事を考えて豊かな生活を目指します。

[モーニングチャージ] 除菌で新規市場開拓!天然由来の除菌スプレー!

2016年11月8日

モーニングチャージ

街の声

キッチン台やダスターは菌が繁殖するのでまめに洗う。

漂白剤は必ずまな板などに使う

多くの人が除菌に気を配るなか、マヨネーズでお馴染みのキユーピー株式会社が除菌スプレーを開発しました。

キユーピー株式会社

研究開発本部の武内章上席研究員が商品を紹介してくれます。

K Blanche(ケイブランシュ)

先月発売されたキッチン用の除菌スプレーです。

まな板や包丁などの調理器具や冷蔵庫などに吹き付けるとウイルスや細菌を除去できるといいます。

また、ある天然由来の成分を使っているため、直接口にする食器類にも安心して使えるといいます。

卵の中にリゾチームというタンパク質が入っている。抗菌成分や微生物をやっつける機能を持っている。

キユーピー株式会社はマヨネーズなどの製造に日本の卵の生産量の約10分の1、年間約25万トンの卵を消費しています。

主力製品のマヨネーズでは使わない卵白の有効活用法を約30年にわたって研究してきました。

除菌スプレーの主な成分は卵白から抽出されたリゾチームというタンパク質です。

キユーピー株式会社は東京海洋大学との共同研究で、このレゾチームに熱を加えるとノロウイルスを破壊する効果があることを確認。

今回、商品化にこぎつけたのです。

マーケティング本部の影山智史さんは

さらに商品のラインナップを増やして、トータルでキッチンを演出できるような商品作りを考えている。

TOTO株式会社

一方、リフォームの総合住宅機器メーカー、TOTO株式会社も独自の除菌技術を開発。

システムキッチンに導入したといいます。

「きれい除菌水」を搭載したシステムキッチン。

2016年8月に発売されたシステムキッチン「ザ・クラッツ」は「きれい除菌水」という技術を導入しています。

特徴は水道水が出る蛇口とは別に、もう一つ蛇口が設置。

ここから除菌効果のある水が出る仕組みになっています。

この水をまな板などの調理器具や食器類などにかけると簡単に除菌ができるといいます。

この技術は水道水を電気分解して除菌や漂白などの効果がある次亜塩素酸を含む水を精製。

洗剤や薬品などを使用しないのが特徴です。

実際にどれ程の効果があるのか染料で色付けした水の片方を電気分解し次亜塩素酸を含む水を作ってみます。

スイッチを入れ、30秒ほど経過すると黄色い色が透明に変わってきました。

次亜塩素酸を含む水なので漂白作用が表れる。

さらに元気に動き回っている細菌に除菌水をかけると細菌の動きが止まり除菌効果も検証されています。

機器水栓事業部の石井克典さんは、

汚れたら洗剤できれいにするのではなく、きれいな状態を維持していくことを目的に開発した。

TOTO株式会社はこの技術を2013年にトイレに導入。

その後、洗面台やシステムキッチンなどにも広めています。

広報部の木村博幸さんは

水回りのさまざまな所で展開できればと考えている。

最新技術を駆使した除菌ビジネスは今後もますます広がりを見せそうです。

  • ブログランキングへ
  • にほんブログ村

カテゴリー:ビジネス関連
タグ:

コメントを残す

プロフィール

嫁と4歳の息子の3人暮らしの30代後半のサラリーマンです。
詳しいプロフィール

カレンダー

2016年11月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
  • ブログランキングへ
  • にほんブログ村

TOPに戻る