[WBS] [白熱!ランキング] グルメ缶詰

ワールドビジネスサテライト(WBS)

10月10日は日本で初めて缶詰の量産が始まったことから「缶詰の日」です。

ただ、缶詰業界は伸び悩んでいるのが現状です。

そうした中、おつまみ需要を取り込んで新たな市場を切り開いたのが「グルメ缶詰」です。

秋の夜長、晩酌のお供にピッタリのグルメ缶詰の人気ランキングです。

スポンサーリンク

グルメ缶詰

これがいま混ぜ終わった状態のコンビーフ。このような形でかなり繊維が多い状態にして作ってある。

料理の材料というイメージが強い缶詰。

それがいま大きく進化して新たな市場を作り上げています。

業界に新風を巻き起こした「グルメ缶詰」の人気ランキングから見えてくるものとは?

国分グループ本社株式会社

東京・中央区。食品や酒卸大手の国分の本社。

1階のセレクトショップ「ROJI」には国分が販売する「缶つま」という缶詰90種類ほぼ全てが揃えられています。

その中には1万円を超える缶詰もあります。

「缶つま」はグルメ缶詰と呼ばれているシリーズ。1品1品がごちそうになっていて、素材の缶詰とか昔の惣菜缶詰とは違った作り方をしていて、これが「グルメ缶詰」という市場を作り出してきた。

ちょっと変わった風貌の男性は実は日本缶詰協会が唯一公認する缶詰博士の黒川勇人さん。

この缶詰博士に「グルメ缶詰」の定義を聞いてみると、

価格で300円以上。それ1つで立派な一品料理、もしくはおつまみになる。

6位~10位

順位
6位 ヤマトフーズ
324円
鶏皮みそ煮
7位 国分
590円
缶つまホルモン 牛マルチョウ 直火焼
8位 国分
590円
缶つまホルモン 鶏ハラミ 直火焼
9位 国分
860円
缶つまホルモン 霧島黒豚 角煮
10位 ホテイフード
432円
合鴨スモーク

これまでの常識を覆した「グルメ缶詰」の人気ランキング。

まずは6位から10位まで。

缶つま

ここで注目したいのはグルメ缶詰市場を作り出した商品。

2010年に生まれた「缶つま」シリーズです。素材や調理法にこだわったため価格はこれまでの3倍以上は当たり前という商品に発売当時、社内からは反対の声が相次いだといいます。

そこで開発担当者が工夫したのが売り方でした。

缶詰博士の黒川さん、

酒のラックの隣に棚を作って、そこに「缶つま」を並べたらと提案。実質的に缶詰売り場が広がった。缶詰業界では画期的な出来事。

料理の材料から抜け出し、酒のツマミとして消費者に認識されたことでグルメ缶詰は業界に新たな市場を生み出しました。

日本百貨店 しょくひんかん

日本各地のさまざまな食を扱うセレクトショップ「日本百貨店」。

ここには新たにグルメ缶詰市場に参入した地方の中小メーカーの珍しい缶詰がところ狭しと並んでいます。

その中には被災地の人達の「冷めていても甘いものが食べられたら少し救われる」という声から生まれた本格的な缶詰のケーキもありました。

2位~5位

順位
2位 明治屋
594円
おいしい缶詰 プレミアムほぐしコンビーフ
3位 明治屋
486円
おいしい缶詰 牛肉の粗挽き黒胡椒味
4位 アシストバルール
864円
COREN イベリコ豚レバーパテ
5位 国分
864円
缶つまレストラン 厚切りベーコンプレーン

続いてランキングは2位から5位まで。

おいしい缶詰

注目は2位と3位に入った明治屋の「おいしい缶詰」シリーズ。

明治屋のおいしい缶詰シリースは全51種類。

その中でも「プレミアムほぐしコンビーフ」は発売以来不動の人気を誇り今回のランキングでも2位にランクインしています。

コンビーフの主な材料は牛のもも肉とひき肉、そして牛の脂です。これに調味料を加え加熱し混ぜ合わせます。

ホリカフーズの福井智文さん、

こちらができたばかりのコンビーフを詰める工程。

こちらの工場ではコンビーフを手作業で缶に詰めています。それには大きな理由があります。

一般的なコンビーフはもも肉6:ひき肉4くらいの塊肉ですが、プレミアムほぐしコンビーフはもも肉の量を増やし、その割合を8:2にすることで肉本来の食感を残しています。

箸でつまむことができるほぐれ具合を缶詰に残すためには丁寧な手作業が不可欠だといいます。

1位

順位
1位 国分
430円
缶つま レストラン 厚切りベーコンのハニーマスタード味

そしてランキング1位は、やはり強かった「缶つま」シリーズの厚切りベーコンのハニーマスタード味が輝きました。

次々と登場する新たなグルメ缶詰。その進化はまだ続きそうです。

スポンサーリンク