「WBS」「ガイアの夜明け」「がっちりマンデー!!」「カンブリア宮殿」などのテレビ番組で気になったニュースからお金と仕事を考えて豊かな生活を目指します。

[ガイアの夜明け] 消すな職人技!生き残りの秘策(2)

2016年9月13日

 消すな職人技!生き残りの秘策

株式会社Jay Jay Japan

神戸市長田区、この街は日本有数の靴の産地として知られています。

中小様々な関連の工場が集まり、パンプスやブーツといった婦人靴の生産に強みを持っています。

そんな街でいま話題の靴があります。

ジャニー&ジェシー

手掛けたのは地元で生まれ育った株式会社Jay Jay Japanの安藤友介社長(32歳)。

取り出したのは一見普通の靴。

ジッパーで上と下がくっついている靴。

安藤友介社長が開発したのが、ソールからアッパーを取り出せるという靴です。

着せ替えができるというキャッチフレーズ、「ジャニー&ジェシー」のブランドで2015年から発売しています。

価格はソールが6,000円から、70種類以上あるアッパーは3,990円からです。

海外旅行に行く時、荷物を詰め込むが靴は履いているもの、ひとつだけ。気軽に持ち運びができれば面白い靴の切り口になる。

このユニークな着せ替え靴、靴の街、長田だからこそできたと安藤友介社長はいいます。

大谷巌さん

安藤友介社長のアイデアを形にしたのが長田に工房を構える大谷巌さん。職人歴30年。

図面を見てサンプルの靴を作る専門の職人です。

安藤友介社長、この日は新しい靴のアイデアを持って相談に来ました。

セパレート、切り返しをやってみたい。

説明したのは随分と大まかなイメージ。

これまで1枚の素材で作っていたアッパーを、今回は2枚の素材で作りたいようです。

大谷巌さんにちゃんと伝わったのか?

大丈夫、大体分かる、言いたいことは。

早速、作業に入ります。

カットした2枚の革をつなぎ、ジッパーと縫い合わせていきます。

そして、ものの1時間足らずで完成。

注文通り2枚の革を組み合わせて仕上げました。

つなぎ目にゴムを使い、履き心地が良くなる工夫もされています。

安藤友介社長のイメージ通りだと言います。

靴を形にするには大谷さんがいないと絵にすら描けないので。

熱いもんがあるから、こいつとならやってもいいかなって。新しいユニークなアイデアが世に認められれば何かの起爆剤になる、この業界の。

ベテラン職人が若い安藤友介社長に期待するのにはワケがありました。

長田地域の衰退

最盛期、長田地域では靴を年間約5,000万足を生産、7,000人の職人がいました。

しかし、昭和59年を境にその数は減少。

今では半分以下に減ってしまいました。

安藤友介社長の実家は40年以上の歴史を持つ婦人靴メーカー。

長男と次男が家業を継いでいいます。

三男の僕が何ができるかなと思った時に、何か付加価値を付けて、ブランドとして打って出ないと勝負はできない。

エストネーション

東京・銀座、安藤友介社長の姿がありました。

この日、向かったのはエストネーション。

腕利きのバイヤーが世界中から商品を集った人気のセレクトショップです。

安藤友介社長、着せ替え靴をここで扱ってもらおうと商談に来たのです。

対応してくれたのはバイヤーの田中成美さん。

メード・イン・ジャパンというのはクオリティー的に安心できる。

材料や縫製など品質面は合格。

しかし、実際に履いてみると・・・。

違和感があるようです。

つま先が当たるような感覚がありますね。締め付けられるような感覚がある。

指摘されたのが、インソールと呼ばれる中敷のつま先部分。ジッパーに直接、指が当たらないように保護しています。

しかし、これが指を締め付けて履きにくく感じると言います。

安藤友介社長、長田の職人技は評価してもらえたものの、根本的な見直しを突きつけられました。

株式会社ドリーム・ジーピー

6月7日、大阪市中央区。

安藤友介社長、早速動き出しました。

株式会社ドリーム・ジーピーはインソールを作る専門メーカーです。

つま先の部分の形状は何か特徴があるんですか?

外傷から守るために設計しました。早く改善しなければ一過性のアイデア商品で終わってしまう。

まずは試作に取り掛かってくれることになりました。

早速、着せ替え靴の新しいインソール作りがスタート。

株式会社ドリーム・ジーピーは足に優しい靴作りに定評があります。

かかとのヒールカップ、深い部分で安定性が出るので、今までの形状より履きやすさは出せる。

かかとを深くすることで、足全体を包み込む感じを出そうというのです。

これまでに蓄積した3万人分の足のデータに照らし合わせ、最適な形を探ります。

一体、どんなインソールが出来上がるのか?

新型インソール

6月28日、再びやってきた安藤友介社長の前に試作のインソールが並びました。

足入れの感覚を前のものに近くして、つま先のカップはなくしてインソールの機能性を上げた。

従来品では、ほぼ平らだったかかと部分が、試作品では明らかに深くなっています。

つま先を保護する部分をなくす代わりに試作品はインソール全体に縁をつけ足を包み込むようにしています。

靴の周りにはグルリとジッパーが取り付けられていますが、試作品ではインソールの縁が靴の内側からジッパーを全て覆い隠しています。

早速、履き心地を確認すると

足入れの不快感が全然なく、何かが当たるとかもない。

突きつけられた難問が解決。

安藤友介社長、このインソールで勝負することにしました。

サンダル

7月下旬、安藤友介社長はまた大谷巌さんに頼っていました。

インソールが改良され、あるアイデアが浮かんだのです。

早速、大谷巌さんに伝えて、それを形にしてもらいます。

ものの20分で

試作品が完成。

サンダルができあがりました。

つま先を覆う部分がなくなったことで靴だけでなくサンダルにも着せ替える事ができるようになったのです。

想定外の収穫です。

靴とサンダルと同じ底でありながら履き替えられる。面白い。

ひょんな事から生まれた着せ替えサンダル。

それを携え、安藤友介社長は大勝負に出ます。

リバティーフェア

8月15日、アメリカ・ラスベガス。

ここはショーとカジノの街。

豪華さに魅せられ世界中からお客様が集まってきます。

この街で毎年開催されている「リバティーフェア」。

アメリカを中心に74ヵ国、100以上のファッションブランドが出展。

1万人を超えるバイヤーが世界中から訪れる人気の展示会です。

そこに日本から出展したブランドのブースがあります。

靴の街、神戸・長田で生まれた着せ替え靴が並んでいました。

生みの親の安藤友介社長、着せ替え靴をアメリカでも大々的に売り出したいと考えていました。

展示の目玉はサンダル。

改良されたインソールから生まれた新商品です。

早速、バイヤーが訪れます。

このソールを1つ買えば、靴を着せ替えられるのね。

そうですね、好きなものを選べますよ。

見てよ、この靴、気に入ったわ!

次に訪れた女性バイヤーはサンダルを試着。

インソールの履き心地はどうでしょう?

ちゃんと足を支えてくれて、いい感じね。

アトランタで近々、店を出すというこの女性、着せ替えの様子を動画で撮影していきました。

次の男性は

これは何だい?

これは日本のデニムを使っていて、全て日本製です。

名刺を渡すから、今度詳しく教えてよ。

この男性はニューヨークに店を持っていました。詳しい情報を送って欲しいといいます。

日本のものづくりは、いつもうまく技術を使って新しいファッションを生み出すね。

展示会では約20組のバイヤーから今後、話を進めたいと声が掛かりました。

名刺交換をした人には連絡してオーダーにつながるように。待っていても何も生まれないので。

エストネーション新宿店

9月9日、東京・新宿。

あのセレクトショップ、ストネーションの新宿店。

着せ替え靴がこの日からお披露目です。

早速、足を止め手に取るお客様がいます。

本当に簡単なんですね。

商品バイヤーの田中成美さんも様子を見に来ていました。

サンプルが上がるごとに、どんどんきれいになる。この短期間で。言ったことがダイレクトに伝わるのが日本製の良さだと思う。

長田が誇る靴作りの職人技。

それを武器に安藤友介社長、また新たな一歩を踏み出しました。

靴作りが継続して、長田の産業、職人の存在を絶やさないことにつながると思う。それは自分たちにも返ってくると信じて、今はやり続ける。

  • ブログランキングへ
  • にほんブログ村

カテゴリー:ビジネス関連
タグ:

コメントを残す

プロフィール

嫁と4歳の息子の3人暮らしの30代後半のサラリーマンです。
詳しいプロフィール

カレンダー

2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  • ブログランキングへ
  • にほんブログ村

TOPに戻る