[WBS] 世界で注目を集める「3Dプリンター」!個人でも買える身近なものに!

ワールドビジネスサテライト(WBS)

設計データがあればあらゆる立体的なものが作れると世界で注目を集める3Dプリンター。

ものづくり産業を変えるなどといわれ期待されてきましたが、これまでどれだけ進化し、どのくらい世の中に普及してきたのでしょうか?

スポンサーリンク

株式会社ビックカメラ

都内の家電量販店。

売り場の一画には3Dプリンターが並んでいます。

樹脂の素材などから立体的なものを作り出す機械です。

「売れ行きは?」

ビックカメラ新宿西口店の八島寛さんは、

新規で買うお客様もいるし、買い替えで購入する人もいる。コンスタント(安定的)に売れている。

価格は5万円から15万円前後。

低価格化や小型化が進み購入のハードルが下がったといいます。

個人で購入する方が多い。スマートフォンのケースなど自分で何か作るのが趣味という人が買う。

いまや誰でも買える身近なものになった3Dプリンター。

その進化の行方は・・・

日本ものづくりワールド2018

こちらでは最新の3Dプリンターが日本、そして海外から数多く出店されています。

ここで見つけた最新の3Dプリンターが作り出せるものとは・・・

株式会社ストラタシス・ジャパン

カラフルな色が出せたり、違う素材のものも同時に作ることができるといいます。

再現できるのは50万色。

さらに6つの違った樹脂を組み合わせることもできます。

どれも3Dプリンターで作ったとは思えない出来です。

株式会社松浦機械製作所

こちら、かなり大きいですね。これは樹脂ではないですね・・・

松浦機械製作所の天谷浩一常務、

アルミニウム。金属でできている。

3Dプリンターでつくったもの?

そうです。

複雑な形の部品、ジェット機のエンジンに使われるといいます。

金属3Dプリンターを使って作り出しました。

粉状の金属をレーザーで一層一層焼き固めながら成形していきます。

これまでのように材料を削って作るのではなく、積み上げながら作るので軽量化は得意分野です。

軽くする、燃費を良くするというのは今すごいリクエスト。3Dプリンターの良さ、メリットになる。

株式会社シーケービー

注目が高まる金属3Dプリンター。

その品ぞろえも充実してきています。

コンパクトタイプの金属3Dプリンター。細かい、微細なモノを造形することが可能。

従来の機械では出来ない細かな加工も得意とするところです。

こうした金属3Dプリンター、ものづくりに携わる技術者たちはどう見ているのでしょうか?

世界的にも未来のあるツール、加工機になると思う。

強度や価格面、試作レベルで導入するには良いが量産はまだまだという気がする。

七宝金型工業株式会社

しかし、すでに金属3Dプリンターに可能性を感じ導入した企業も。

こちらの工場、主に自動車関連部品の金型を制作していますが、約3年前に8,000万円を投資し、金属3Dプリンターを導入しました。

入れ子と呼ばれる金属を冷やす部品などを受注し製作しています。

なぜ金属3Dプリンターの導入を始めたのでしょうか?

宝金型工業株の林信久さんは、

複雑な形状が作りやすい。いろいろな加工をしていたのがレーザーだけで作れる。

こちらの金型、溝を作るさい、ドリルで真っ直ぐに掘ることしか出来ませんでしたが金属3Dプリンターでは曲がった溝を作れるようになりました。

しかし課題も・・・

全然桁が違う。20倍、25倍、30倍。

使用している鉄粉の粒の大きさは35マイクロメートル。

細かい鉄粉に加工するコストが高いため、材料費がかさむといいます。

材料は高いが、いままでに作っている物よりは短期間でできるので、スピード感は多少なりとも縮められる。そういうところでメリットを出していかなければと思う。

スポンサーリンク