「WBS」「ガイアの夜明け」「がっちりマンデー!!」「カンブリア宮殿」などのテレビ番組で気になったニュースからお金と仕事を考えて豊かな生活を目指します。

[WBS] うがい薬勝つのはどっち?ブランドvsキャラクター

2016年4月9日

ワールドビジネスサテライト(WBS)

明治うがい薬

カバくんのキャラクターで有名な「明治イソジンうがい薬」。
実は「明治イソジンうがい薬」は3月で生産が終了しました。

そして新たに発売されたのが「明治うがい薬」。
カバくんは健在ですがイソジンの名称が消えてしまいました。

イソジンの名称は2016年4月8日から販売されるムンディファーマ株式会社の「イソジンうがい薬」に使用されます。
パッケージにはカバくんに似たイラストが描かれています。

今まではムンディファーマ株式会社がイソジンを開発して、株式会社明治が「イソジン」ブランドを借りて販売をしていました。

両者は提携を解消し、それぞれ独自のうがい薬を販売することになりました。
しかしパッケージが似ていることで法廷闘争に発展して、2016年3月にようやく和解をしました。

ムンディファーマ株式会社

ムンディファーマ株式会社が発売した「イソジンうがい薬」。
そのパッケージに描かれているカバくんに似たキャラクターについてムンディファーマ株式会社の羽鳥和美さんは

全く違います「イソファミリー」というキャラクターです。

似たようなキャラクターを使う理由

ムンディファーマ株式会社の木村昭介社長は言います

大きくガラッと変えてしまうと「イソジン」を買いに来たお客様に混乱を生む。キャラクターについては進化させていく。

秋に出す新製品で新キャラクターが登場する予定。
すでに脱「カバくん」は進めていて、ゴジラを使ったアピールなども行っています。

イソジンで連想するもの

街の人にイソジンで連想するものを聞いてみると「カバの絵」がやはり連想されます。

ムンディファーマ株式会社では「カバくん」のイメージ払拭が成長の第一歩と考えています。

「うがい」=「イソジン」だったが、ゴールとしては「感染予防」。感染予防のカテゴリーで大きくしたい。5年で倍くらいにしたい考え。

ムンディファーマ株式会社の「うがい薬」の売上は約50億円ですが、「イソジン」ブランドで拡大を目指します。
株式会社明治との提携解消もその布石です。

日本の市場で付加価値をつけるために直接ビジネスをコントロールできる形で議論した結果

株式会社明治

提携を解消した株式会社明治も新製品「明治うがい薬」を販売を開始しています。

新商品には「カバくん」がそのまま描かれています。

街では「カバくん」のキャラクターを見て「イソジン」と思う人が多くいます。

カバくん

1980年代からテレビCMなどで使用されてきたキャラクターです。
知名度の高いキャラクターです。

カバくんは使用できるが「シソジン」の名称が使用できなくなった株式会社明治。

販売への影響について栄養営業本部の秋田康一郎さんは

カバくんというキャラクターがいれば影響はない。

歌も継続決定

CMの楽曲はこれまでのものと変更せず新商品の名称を強調しました。
これまでのイメージを武器に今後の販売を伸ばす戦略です。

うがい薬の市場全体を広めていく。市場拡大していく中で勝ち抜いていきます。

鈴木敏文会長が辞任して、できなかったことができるようになるかもしれない。株式会社イトーヨーカ堂などの課題の事業にどう対応していくのか。経営として考えられる要素は増える可能性がある。

  • ブログランキングへ
  • にほんブログ村

カテゴリー:ビジネス関連
タグ:

コメントを残す

プロフィール

嫁と4歳の息子の3人暮らしの30代後半のサラリーマンです。
詳しいプロフィール

カレンダー

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  • ブログランキングへ
  • にほんブログ村

TOPに戻る