[がっちりマンデー] 「10年以上ぶりに過去最高益!」の会社(2)

「10年以上ぶりに過去最高益!」の会社

井村屋株式会社

10年以上ぶりに過去最高益!

三重県・津市の井村屋。

井村屋といえば「肉まん」や「あんまん」、「あずきバー」などロングセラーの人気商品がたくさんありますけど、ここにきて過去最高益をはじき出しったって、一体何があったのでしょう?

浅田剛夫会長、

井村屋グループ会長の浅田と申します。

「会長さん、わざわざ。」

どういたしまして。

「過去最高益ってどのくらい?」

純利益が7億1,600万円。これは前年に比べて61%の増益

会社設立は1947年、過去最高益は2016年度の7億1,600万円。前年比61%も増加したのです。

これは1987年度以来、じつに29年ぶりの快挙!

アイスクリーム事業が牽引力になっている。

「アイスクリーム事業?」

井村屋でアイスっていうと「あずきバー」。

でも業績をひっぱったのは別の新商品アイスらしい。

それが、

やわもちアイス。

やわもちアイス

年間1億円の売上でヒットと呼ばれるアイスクリームの世界で「やわもちアイス」は、

4年目で・・・35億。

昨年、年間35億円を超える爆発的大ヒットに!

4種類のラインアップがあり、最大のウリはその名の通り、柔らかいお餅

さらに周りには自社炊きのつぶあん

さらにその下にはミルクアイスと3層になっています。

「これでお値段が?」

140円。

「安くないですか!?」

安いですよ!

「170円くらいにしておけば良かったとかない?」

ちょっとね。

固まらないお餅

ここで一つ疑問が・・・

硬くならないから何でだろうって感じ。

不思議です。なんでお餅が固まらないのかな。

普通、お餅って冷やしたら硬くなりますよね。

でもやわもちはマイナス20度でも柔らかいまま。

そのヒミツを探るべく商品開発部へ。

開発部、点心・デリ/冷凍チームの嶋田孝弘さん、

これらがお餅の原料となりまして、凍らないお餅のヒミツ。

一般的に水は氷になるのは0度。それ以外のお砂糖とか餅粉とか、そういったものを入れますと0度より下がる。凝固点が下がる。

島田さん曰く、純粋な水は0度で氷になるけど、水に溶かすものによって凍る温度は下がっていく。

つまり原料や配合を工夫することでマイナス20度でも凍らなくなるのです。

でも、ここに至るまでにはかなりの苦労があったようで・・・

色んな砂糖を入れて、組み合わせる砂糖によってマイナス10度、マイナス15度とか。砂糖を入れすぎると甘くなるので、甘くない砂糖を入れるとか。

お餅になる原料によって柔らかくなりすぎたり、甘くなりすぎたりと商品になりません。

試行錯誤の連続。

「何種類くらいの原料が入っているんですか?」

企業秘密・・・そこは。

「10種類以下ですか?」

10種類以下です。3種類以上、10種類以下。

「5種類以上ですか?」

5種類以上ですね。

「8種類以下ですか?」

いや、待ってください・・・

その辺は言えませんよね。

真ん中のこれが実際の今のやわもちのお餅。

「結構、やわらかいですね。」

でも、冷凍すると・・・・

「ちょうど良い硬さになっている!さっきのだとやわらかそうだなと思った。」

この理想的な硬さのお餅を開発するのに3年もかかったんですって!

「やわもちって担当何人なんですか?開発?」

私一人で・・・超プレッシャーでしたよ。

「いつできるんや」とか、丸めてもらったり手伝ってもらいましたけど。

「給料が上がったりとかは?」

役職は上げていただきました。それで何も無かったら・・・

何でも嶋田さん、井村屋の主力アイス「あずきバー」の売り上げが冬場に落ちるため、「冬でも美味しく食べられるアイスを」という指示でこのやわもちを開発したらしい。

うまくいって良かったですね。

井村屋はやわもちアイスでがっちり!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする