[がっちりマンデー] こんな細かいところまで!?「儲かる!地味チェンジ」(2)

こんな細かいところまで!?「儲かる!地味チェンジ」

株式会社壱番屋

東京都足立区のCoCo壱番屋足立区佐野店。

ココイチ」の愛称でお馴染み、日本で一番有名なカレーチェーンですよね。

何か変わっていました?

店内は今まで通りに見えますが・・・。

スーパーバイザーの下出喜保さん、どんな地味チェンジを?

「地味チェンジしてるって聞いたんですけど・・・してます?」

してます!カレー屋さんからちょっとだけ喫茶店ぽく地味チェンジしています。

喫茶店ぽく地味チェンジってどういうこと?

マンガコーナーを設置しております。

マンガコーナー

なんと店内に置かれた本棚には「ONE PIECE」や「名探偵コナン」、おや懐かしい「タッチ」と人気コミックがずらりと並びます。これは読んでしまいます。

昔ながらの喫茶店といえばマンガや雑誌が置かれていましたが、どうしていまどきカレー屋さんでマンガを?

少しでも長居してもらうために入れました。

CoCo壱番屋では喫茶店のように長くくつろいでもらえるためマンガを導入。

コーヒーマシン

コンビニでよく見る100円のコーヒーマシンも設置。

「コーヒーだけでマンガを読んでもいいんですか?」

はい、大丈夫です。

コンセント

さらに長くくつろいでもらうため全ての席に設置したモノとは?

コンセントですね。

けっこう地味ですね。

地味にそっと付けております。

コンセントがあればスマートフォンの充電ができたりパソコンでお仕事っていうビジネスマンもありがたい。

長居できる理由

でもゆっくり長居できるってのはいいんですが、カレー食べ終わってるのにずっとマンガを読んでいるお客様が・・・。こんなんでお店はOKなんですか?

「マンガがあるとついつい長居しちゃいます?」

しますね。客からしたらいいけど店側からしたらね回転率も下がるだろうし。

あらま、お客様からも心配の声が、

いまの飲食店の儲かりの主流はいかに回転率を上げるか

長居されてはお店にとってマイナスなはず。大丈夫なんですか?

他のお客様が入りやすくなるので大丈夫です。

「入りやすくなる?」

サクラ的なことですよね。

そういえば、かつてのCoCo壱番屋はランチやディナータイムが終わるとお客様がほとんどいませんでした。ガラーンとしているから余計にお客様も入りづらくなる悪循環。

そこで「お客様が入りやすくするために喫茶店みたいにしてお客様に長居してもらおう」と考えたのがこの地味チェンジ。

「カレー食べ終わりましたよね? 帰られないんですか?」

次の待ち合わせが3時なんですよ。

「あと40分ぐらいありますよね。」

もうちょっとゆっくりしていこうかなと思って。

CoCo壱番屋の狙い通り。

地味に喫茶店化したお店には長居するお客様が続出。

すると2014年度に地味チェンジした店舗の来客数を見てみるとチェンジ前より9%増加。

「儲かってます?」

儲かってます。年間売上げが大体1割ぐらい増えてます。

12年前から始めた地味チェンジ。国内のほとんどの店舗が完了し昨年の年間売上は808億円とうなぎ上り。

ココイチは地味チェンジでがっちり!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする