[WBS] [白熱!ランキング]格安スマホ

ワールドビジネスサテライト(WBS)

格安スマホ

都内の家電量販店「ビックカメラ新宿西口店」で最近、売場を広げているのが格安スマホ

格安スマホを構成する要素は2つ、格安SIMSIMフリー端末です。

2016年3月末の時点で170社以上あるMVNO(仮想移動体通信事業者)と契約するのに必要なのが格安SIMカード。

格安SIMカードを使えば通信料は大手のスマートフォンで月額5,000円ほど掛かるのに対し、その半額以下に抑えることが出来ます。

通話料が高かったり、通信速度に制限があるなどのデメリットもありますが、その安さは魅力的だと格安スマホの利用者はいいます。

「格安スマホ」利用者

僕の場合は通信料が毎月1,000円いかない。何も知らずに高いお金を払っていたのがあほらしかったと思う。

SIMフリー端末

現在、通信大手3社のスマートフォンにはSIMロックという制限が掛けられていて、端末購入後の6ヶ月間は他社のSIMカードを使用することは出来ません。

そこで格安スマホを利用する際に注目されているのがSIMフリー端末。どの事業者の格安SIMも使うことができます。

その出荷台数は2013年度には11万台だったのが、今年度は260万台に達する見込みで、今後も右肩上がりで成長が予想されています。

今回はそのSIMフリー端末の人気ランキング。

SIMフリースマホのランキング

10位から5位までを見てみると1万円台で買える機種もランクインしています。

最新のiPhoneが安くても7万代であることを考えると格安といえるレベルです。

FREETEL

6位の「Priori3 LTE」。

販売するFREETELはMVNOであり、自らスマートフォンも開発する日本会社です。

そのFREETELの「SAMURAI REI 麗」が4位にランクイン。厚さはFREETELの製品で最も薄い7.2ミリ。

おしゃれ好きな若者を狙い本体はアルミの削りだし。5色のカラーバリエーションを揃えたことで女性客も取り込めたといいます。

「FREETEL」を展開するプラスワン・マーケティング株式会社の増田薫社長は、

「格安」という名前が、だいぶイメージを悪くしていると思うが、安かろう、悪かろうではなく、いいものをいい値段で提供する。

FREETELが12月22日に発売する「SAMURAI KIWAMI 極 2」は高性能が売りで価格は5万3,784円。ゲームなどの動作をより快適にするため、情報を処理するCPUを従来の8個から10個に増設しました。

ASUS

3位と2位は共に台湾メーカーのASUS。ASUSからは4機種がランクインしました。

3位「ZenFone2 Laser」

最新作「ZenFone3 Laser」、画面のサイズは5.5インチと大きくなり、より見やすくなって約3万円。

HUAWEI(ファーウェイ)

そして1位は中国「ファーウェイ」の「HUAWEI P9 lite」。

1,300万画素のカメラを搭載し、厚さは約7.5ミリ。それで約2万7,000円というコストパフォマンスの良さで人気を集めました。

そのファーウェイが、12月16日に発売する新製品、「HUAWEI Mate9(6万5,664円)」は20分でフル充電できるという急速充電や、「ライカ」と共同開発したダブルレンズカメラなどが売りで価格は約6万5,000円と安くはありません。

華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)の呉波副社長は、

日本のSIMフリー市場は「格安」だけで語れるものではない。低価格でも高価格でも消費者が求めるものを出すことが大事。

もはや安さだけでは語れない格安スマホ市場。今後、どこまで伸びるか注目です。

SIMフリースマホ・ランキング

順位 メーカー 機種名 販売価格
1位 ファーウェイ HUAWEI P9 lite 2万6,978円
2位 ASUS ZenFone3 Laser 3万13円
3位 ASUS ZenFone2 Laser 1万8,079円
4位 FREETEL SAMURAI REI 麗 2万4,613円
5位 ASUS ZenFone3 4万2,962円
6位 FREETEL Priori3 LTE 1万2,517円
7位 富士通 arrows M03 3万6,676円
8位 ファーウェイ HUAWEI P9 5万4,734円
9位 ASUS ZenFone Go 1万9,990円
10位 モトローラ MOTO G4Plus 3万5,337円

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする