[WBS] [白熱!ランキング]クリスマスビュッフェ

ワールドビジネスサテライト(WBS)

クリスマスの食事に食べ放題のビュッフェを選ぶ人が増えています。

その理由は流行語大賞にも選ばれたあの言葉でした。

クリスマスビュッフェ

街を彩るイルミネーション。

クリスマスを大切な恋人や家族と過ごす人も多いのでは。

レストランにとってもクリスマスは書き入れ時

今年は特に食べ放題のビュッフェの予約が増えています。

理由は、

普通のレストランは盛り付けられて出てくるがビュッフェは自分好みにできる。

きれいに並べるとかわいい。インスタ映えする。

自分で盛り付けができるビュッフェはコース料理よりインスタ映えするとして人気が高まっているのです。

そこで今回は首都圏のグルメやイベントの情報を発信する「レッツエンジョイ東京」からホテルの人気クリスマスビュッフェを紹介。

インスタ映えNo.1のビュッフェとは?

7~10位

順位
10位 6,210円
東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート
9位 4,200円
ホテル ザ・マンハッタン
8位 5,940円
東京ドームホテル
7位 4,428円~
サンルートプラザ東京

まずは7位から10位。豪華料理を取り揃えたぶビュッフェが並びました。

東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート

10位に入ったのはお客様が急増しているという東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート。

東京ディズニーリゾートのそばにあるこちらのホテル。

巨大なクリスマスツリーがそびえ立つロビー。その一画にあるレストランで一体どんな料理が?

それはまさに豪華そのもの。

最大の目玉はカニ。プリップリの身と濃厚な甘みを堪能できます。

お客様はどっさりと皿に盛り、食べる前にはもちろん写真を撮ります。

見た目が豪華。ゴージャスな感じが味わえる。

インスタ映えを狙いホテル側にも工夫があります。

東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾートの足立雅徳さんは、

大皿ではなくコンパクトに1人前ずつ提供している。

あえて小皿で提供することで盛り付けの自由度を高めインスタ映えしやすくしています。

こうした工夫を年間を通して続けることでビュッフェの利用者数は右肩上がり。2017年は前年を15%上回る見込みです。

味、演出、盛り付け、器、見せ方を含めて高めていかなければ他のホテルには勝てない。

4位~6位

順位
6位 8,500円
ヨコマハ グランド インターコンチネンタル ホテル
5位 6,500円
ロイヤルパークホテル ザ 汐留
4位 4,980円
ホテルメトロポリタン

続いて4位から6位。

4位以外に特別な体験を用意するレストランが並びます。

ロイヤルパークホテル ザ 汐留

5位に入った。

このレストランで料理と一緒に楽しめるのが一面に広がる夜景。東京タワーも一望できます。

さらにクリスマスに色を添えるバンドの生演奏。ジャズが流れるムードたっぷりの空間で食事を楽しむことができます。

1位~3位

順位
3位 3,348円
ヒルトン東京ベイ
2位 3,240円~
ヒルトン東京お台場
1位 4,104円~
ヒルトン東京

1位から3位はヒルトングループのデザートビュッフェが独占しました。

ヒルトン・ホテルズ&リゾート

3位のヒルトン東京ベイはピンク一色のクリスマス。

2位のヒルトン東京お台場はヨーロッパのクリスマスマーケット。それぞれテーマを際立たせています。

では1位のヒルトン東京のテーマは?

女性ばかりの行列の先にあるのは水色のドレスをイメージしたミント味のレアチーズケーキやカボチャを模したバニラのムース。

そしてガラスの靴。

ここが表現するのはシンデレラの世界です。

乙女心をくすぐる演出。あちらこちらからシャッター音が聞こえてきます。

このゼリーがかわいい。非日常感を味わえる。

この女性人気にあやかろうと他の業界からも熱い視線が・・・。

スイーツの後ろに飾られているのは小型の化粧台やバスタブ、実はこれボディケアブランド「SABON」の新商品。シンデレラの装飾に協力をしながら新商品をPRしています。

またコンパクトカー「smart(スマート)」はカボチャの馬車風に。

ヒルトン東京の五戸若茂子マネージャーは、

自社だけでなくパートナー企業と組んでデザートフェアの枠にはまらない可能性を常に探っていきたい。

日によってはまだ若干の空席もあるというクリスマスビュッフェ。

各ホテルが最高のインスタ映えを狙いしのぎを削っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする