[WBS] ネット通信制高校スタート!

ワールドビジネスサテライト(WBS)

N高等学校

出版とIT事業を手がけるカドカワ株式会社が沖縄県に設立した通信制高校「N高等学校」。

その入学式が都内で行われました。
新入生はVR端末をかけて見ているのは沖縄で同時に行われている入学式の中継映像。

N高等学校では授業を全て自由な時間でインターネット経由でスマートフォンやタブレット受け高校卒業資格を得ることができます。

また課外授業として大手予備校の人気講師も受講することができます。

東大を志望する生徒限定の全寮制の塾「N塾」も開設しています。
定員は30名で映画「ビリギャル」で有名になった坪田信貴先生が全面サポートしています。

学校法人角川ドワンゴ学園の志倉千代丸理事は言います。

単位をかさねていくだけじゃない、いかに脱線して、脱線の中から将来の夢を見つけてもらうのが一番のポイント。

経営統合

2014年に経営統合した株式会社KADOKAWAと株式会社ドワンゴ。

出版大手の株式会社KADOKAWAが遅れを取っていたインターネットの分野。
それを補強する株式会社ドワンゴの発信力。

この2社の経営統合により出来たのがN高等学校を運営する学校法人角川ドワンゴ学園です。

N高等学校の方針

N高等学校では自分のペースで好きな時間に勉強得することができます。

質問はメールでいつでもできます。

通常の学習以外にもプログラミングやファッション、ゲーム、美容など多くの授業もインターネットを通じて学ぶことができます。

思うこと

学校法人角川ドワンゴ学園の考え方はステキだと思います。

わたしの個人的な考えとして、学校は勉強はもちろん大切ですが集団生活を学ぶ場でもあると思っています。
N高等学校では自分の好きな時間に勉強ができるので、時間にルーズになってしまいそうです。

もちろん、自分をしっかりと管理できる子は大丈夫だと思いますが、自分の学生時代を考えると恐ろしいです・・・

N高等学校の運営方針は本当に素晴らしいと思います。
また東大を志望する「N塾」から3年後に東大生が誕生するのか今後が楽しみです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする