[WBS] [白熱!ランキング]夏に重宝!クリーン用品!

ワールドビジネスサテライト(WBS)

夏が近づくと家の中で知らぬ間に増えているあの虫。

クリーンなお部屋を保つ最新グッズのランキングとは?

株式会社東急ハンズ

生活雑貨などを扱う東急ハンズ。暑くなり湿気が増えるこの時期、よく売れる商品があります。

それがクリーン用品

さまざまな洗剤、消臭剤、カビを防ぐグッズなどが売られています。

今回は東急ハンズ全店でのクリーン用品の販売数ランキング。

8位~10位

順位
8位 允・セサミ
1,080円
技職人魂 風呂職人
9位 ケミコート
1,296円
水から生まれたエアコン内部クリーナーシュ!シュ!
10位 どーパー
997円
パストリーゼ77

まずは10位から8位。

10位には酒造会社が開発したアルコール度数77%の除菌剤がランクイン。

9位はエアコン内部のクリーナー。電解アルカリ水が主成分でエアコン内部のカビなどを除去できます。

順位
5位 ケミコート
1,058円
超電水クリーンシュ!シュ!
6位 シャボン玉石けん
432円
シャボン玉酸素系漂白剤
7位 シャボン玉石けん
345円
シャボン玉台所用せっけん

7位から5位は上記の商品。

7位と6位には無添加石けんのパイオニア、シャボン玉石けんの商品が並びました。

2位~4位

順位
2位 東邦
172円
ウタマロ石けん
3位 コジット
1,058円
バイオ お風呂のカビきれい
4位 シャボン玉石けん
1,004円
シャボン玉スノール洗たく石けん

4位と2位は定番の洗濯用石けんです。

バイオ お風呂のカビきれい

3位のバイオシリーズはパチルス菌という微生物を利用してカビを抑える商品です。

浴室用のこちらは本体を壁に貼り付けるだけです。

するとケース内の微生物が空気中の水分を得て活動を始め、人へは無害な抗菌性物質を吐き出します。この物質にカビ菌の発育や発生を抑える効果があるといいます。

1位

順位
1位 日革研究所
1,852円
ダニ取りロボ ソフトケースLサイズ

一番売れた商品は東急ハンズ新宿店クリーン用品担当、可児裕二さんによると、

ダニ取りロボとその詰め替え用マット。

ダニ取りロボ

1位は室内に置くだけでダニを退治できるというダニ取りロボ。

梅雨から暑い時期になってくるのでダニの活動もどんどん活発になっていく。

ダニ取りロボを製造するのは兵庫県の日革研究所。元々はカバンなどを製造していた会社。

ダニに着目したきっかけは創業者の初孫に起きたある問題でした。

渡邊秀夫会長は、

初孫が産まれて間もなくひどいアトピー性皮膚炎になり、医師から「原因はダニ」と言われた。

その創業者の思いから1996年、会社一丸となってダニの生態についての研究が始まめました。

そして3年後に辿り着いたのがある粉です。ビール酵母などダニの好物に水分を吸い取るセラミックを混ぜています。

これを食べにきたダニは水分を奪われミイラ化するといいます。

ダニ取りロボのヘビーユーザーという新田真知子さんの家を訪ねました。

新田さんは夫と子供が痒みを訴えたのをダニのせいではないかと疑い、5年前からダニ取りロボを使い始めました。

ダニ取りロボで何匹のダニを捕まえることができたのか、日革研究所が提供する有料サービスで調べてみると、

1,437匹いたんですよ。

3つのダニ取りロボが捉えたダニの数。最も大きいものには1,437匹もいました。

「いるんや!」みたいな、目に見えないので、それはかゆいよね。

その後、新田さんはダニ取りロボを置く場所を7ヶ所に増やしました。すると家族が痒みを訴えることも減ったといいます。

こうした商品の評価の高まりを受け日革研究所は2001年、カバン製造を辞め、ダニ対策グッズ一本に絞りました。

発売以来、売り上げは15年で5.7倍の10億円にのぼっています。

クリーン用品の進化はまだまだ続きそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする