[がっちりマンデー] 3年で100店以上増えてる大急増店!(3)

3年で100店以上増えてる大急増店!

株式会社ガッツ・ジャパン

ガッツレンタカー

愛知県名古屋市にあるガッツジャパンというなんとも力強そうな会社。

ガッツジャパン代表の中村忠司です。

イメージ通りバリバリ体育会系ぽい中村社長。

一体何のお店で急増中なんですか?

レンタカーです!

「で、がっちり?」

ガッツです!

ガッツジャパンが店舗を増やしまくっているビジネスがレンタカー「ガッツレンタカー」。

ガッツレンタカーの儲かりのヒミツ

お店のイメージキャラクターもガッツ石松さんとかなりインパクト大の店構えなんですけど・・・

ぶっちゃけ、都内ではあまり見かけないような。

というのも、このガッツレンタカーはいま郊外をメインにドンドンお店を増やしているんです。

その勢いたるや・・・

2015年8月から2018年3月で100店舗突破。

なんと3年を待たずして103店舗を出店とかなりの急増ぷっり。

でも何でそんなに増えているのか?

ガッツレンタカーの儲かりのヒミツ

人気のヒミツを探るべく、いざお店へ。

よくあるレンタカーの店内。

人気のヒミツってなんなんですか、専務の小嶋萬人さん?

圧倒的に料金が安い。圧倒的。

「どれくらい?」

1日あたり2,000円。1週間だと7,800円。1ヶ月だと24,800円。

たしかに安い。

でも2,000円じゃ流石に安すぎる。

小嶋さん曰くこの安さにはヒミツがあるらしい。

それが分かる場所へ案内して頂けるということで向かったのが・・・

ガッツレンタカーの特徴で全て軽自動車です。

「軽自動車!?」

全部軽自動車ですね!

軽自動車のレンタカー

ガッツレンタカーの安さのヒミツは軽自動車だけをレンタルしているってこと。

5年から8年くらい前のいわゆる型落ちの軽自動車をガンガン仕入れてレンタカーとして貸し出しているんです。

しかも、ただ型落ちしている軽じゃなくてガッツレンタカーが狙っているのが・・・

人気のないカラーリングの軽自動車を安く仕入れる。結果、安く貸し出せる。

同じ車種でもマイナーな色の方が安く仕入れられる。

だからガッツの駐車場には中間色の車が多いのです。

さらに普通のレンタカーには当たり前のあれも取っ払っちゃった。

通常のレンタカーだとカーナビ・ETCは付いていて当たり前。うちの場合オプション。

ガッツレンタカーではカーナビやETCといった付属のオプションは全て有料。

こうして1日2,000円を実現しているんです。

お客様の声

実際に利用しているお客様に聞いてみると・・・

1週間借りました。

「何に使ったんですか?」

実家が長野なんですけど、名古屋から長野に5時間くらいかかる。長期間借りるととても安い。

なかにはこんなお客様も。

ガッツレンタカーとは3年以上のお付き合い。

「3年以上借りてる?」

借りてる。

「個人で?」

いや会社で。

営業用の車として会社で長期間借りたり、修理中や納車待ちの間だけちょっとだけ借りるお客様が多いんだとか。

コスト削減のための工夫

さらにガッツレンタカーではコスト削減のために細かい工夫も。

「ここは?」

名古屋本店の駐車場です。

レンタカー店で車の維持費と同じくらいコストがかかるのが駐車場。

これも軽自動車だけなら、

普通車だけだと30台しか止められない駐車場スペース。これを軽自動車のみにすることで40台止められる。

1台あたりの固定費が下がって稼働率も上げられる。

「その分、料金が下げられる?」

はい。車はピチピチにとめますけどね。

確かにピチピチ。

とことん無駄なスペースを無くして、その分1店舗あたりの台数を増やす。

でもこんなに詰めちゃったら・・・

「お客様が一番奥の車を借りたいとかならない?」

ガッツレンタカーは車種の選択はできない。クラス別なんですよ。

ガッツレンタカーでは車種では選べない。

選べるのは2ドア、4ドア、ちょっとだけ新しい4ドアなど5クラスからのみ。

こうすることでクラスごとに1列に並べられるので、前からドンドン貸し出していけばいいってわけです。

結果、効率よくスピーディーに貸し出せるから稼働率も格段にアップ!

ところてんのようにどんどん出て行きます。

年間売上

そんなガッツジャパンの年間売上げは2015年の4億円から6倍以上の25億円とこちらも大急増!

ってことは、

がっちり!

ですよね!