[WBS] 自ら故障の予兆を知らせる「賢すぎるロボット」登場!

ワールドビジネスサテライト(WBS)

産業用ロボットで世界トップシェアのファナック株式会社が生産工場を効率化するシステムを発表しました。

人工知能を駆使して止まらない工場の実現に向けて動き出しました。

ファナック株式会社

2016年4月18日、記者会見を行ったファナック株式会社の稲葉善治社長。


IoT技術を駆使したまったく新しい製造向けネットワークシステムを発表する。

発表したのは工場のロボットを自動管理するするFIELDシステム。(FANUC Intelligent Edge Link & Drive System)


機械同士の強調や動作の最適化、不具合の補完、予防保全など、これまでにない高度な自動化の実現を目指す。

アメリカのシステム会社、シスコシステムズ(Cisco Systems,Inc.)や人工知能のベンチャー企業などと協力。

ロボットが自ら学んで進化するディープラーニングを駆使して止まらない工場を実現します。

記者会見の後、報道陣はファナック株式会社の黄色いバスに乗り込みます。

向かったのはファナック株式会社の本社のある山梨県忍野村。

通常は顧客向けの新製品の展示場が報道陣に公開されました。

今回発表されたFIELDシステムも展示されていました。

ファナック株式会社ロボット事業本部の加藤哲郎さんは言います。


お客様が困るのはロボットが壊れること。壊れそうなのを予想したい。それを予想する。

FIELDシステム

FIELDシステムではロボットに「正常に動いている状態」を学ばせます。

モーターなどが正常とは違う動きをした時に「故障の前兆」としてロボットが知らせてくれます。

自動車工場などの場合、ロボットの修理で1時間操業が止まるだけで1億2,000万円の損失が発生するといわれています。

未然に故障を知らせ素早く部品を交換できる仕組みを作り、止まらない工場を実現させます。

さらにこのシステムではロボットが学習した動きをインターネットを使用して別の工場のロボットにコピーできます。

災害などでロボットが壊れても別の工場に生産機能を素早く移せます。


今まで加工の勉強をしたものをネットワークで移すことができ、同じものを他の工場で簡単に作ることができる。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする