「WBS」「ガイアの夜明け」「がっちりマンデー!!」「カンブリア宮殿」などのテレビ番組で気になったニュースからお金と仕事を考えて豊かな生活を目指します。

[がっちりマンデー] 「儲かる業電」家電じゃなく業電!知られざる業務用電気の世界!(1)

2017年4月16日

「儲かる業電」家電じゃなく業電!知られざる業務用電気の世界!

エイシン電機株式会社

神奈川県横浜市にあるエイシン電機株式会社。

早速、久世直樹社長に伺ってみると、

がっちりです。

あらま、かなり自信。

どんな業務用電気でがっちりなのか?

向かったのは「ローソンストア100」。

ここに久世直樹社長ご自慢の業電があるらしい。何かあったかな?

こちらになります!ホットショーケースがっちりです!

ホットショーケース

エイシン電機株式会社の儲かり業電とはコンビニなどのレジの脇に必ずあるといっても過言ではない揚げたての惣菜を温めておくマシン「ホットショーケース」。

1976年の創業以来、40年以上に渡ってホットショーケースを製造販売しているエイシン電機株式会社。

そのシェアは?

シェアは約3割くらい。

年間3,000台を販売するエイシン電機株式会社のホットショーケース。

最大の売りは「あたため管理」。

そこで今回、特別にケースの中を見せてもらえることになりました。

底から何か出てきましたが?

これがヒーターでございます。フィンヒーター、羽の様になっている。

ホットショーケースの心臓部分「フィンヒーター」。

独特の凹凸をつけることで熱がケースの中で乱反射。これで庫内をまんべんなく温めるってワケです。

そして、美味しさをキープするもうひとつのカラクリが、

メインヒーターのところに加湿機能付きの仕掛けがある。

ホットショーケースの底に少しだけスチームを出す装置があります。

揚げ物など、パサパサにもせずベチャベチャにもしない、絶妙な湿度が保たれるように丁度よい量のスチームを出してサクサク感を維持しているそうです。

商品を美味しく見せる

ホットショーケースで温めるのと同じくらい大事なのが商品を美味しく見せるってことです。

そこで欠かせないのが美味しさを演出する照明。

これはある乗り物によく使われているものと同じものです。

それは、

キセノンボーランプ自動車のヘッドランプとかに使われている。

久世直樹社長曰く、人の目に優しく、温かみのある色を出すには自動車のヘッドライトによく使われるキセノンボーランプが最適だったとか。

販売価格

商品を美味しく見せる技術が詰まったエイシン電機株式会社もホットショーケース。

1台おいくらするんですか?

10万円台ちょっとぐらい。

焼き芋機

ホットショーケースでがっちりのエイシン電機株式会社には今イチオシの業電があるといいます。

こちらです!焼き芋機です!

焼き芋のホットショーケース。

上の段は80度で商品を保温。下の段ではなんと200度で芋が焼けます。

一番のこだわりはっていうと、

通常、焼き芋機は熱いもの。断熱材空気断熱を入れてカバーを断熱対応にしている。お客様が触っても火傷することがない。

現在、800店舗以上のコンビニやスーパーで大活躍している焼き芋機。

ほかにも「おでんの保温器」や「ドーナッツのショーケース」などコンビニのレジ周りでがっちりなエイシン電機株式会社。

  • ブログランキングへ
  • にほんブログ村

カテゴリー:ビジネス関連
タグ:

コメントを残す

プロフィール

嫁と4歳の息子の3人暮らしの30代後半のサラリーマンです。
詳しいプロフィール

カレンダー

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  • ブログランキングへ
  • にほんブログ村

TOPに戻る