[がっちりマンデー]地味~に変えて、でっかく儲かる!「儲かる!地味チェンジ!」(1)

地味~に変えて、でっかく儲かる!「儲かる!地味チェンジ!」

株式会社第一興商

東京・新橋。オフィス街のど真ん中にあるビッグエコー新橋烏森口店。

ビッグエコーといえば真っ赤な看板でお馴染みのカラオケのお店です。

「がっちりマンデー!!です。」

「儲かってます?」

株式会社第一興商 店舗事業推進部の鈴木敬之さん、

まあまあ。おかげさまで。カラオケボックス業界No.1ということでやらせて頂いています。

「カラオケ業界1位ということですか?」

そうです。がっちりです!

地味チェンジ

王者ビッグエコーがどこをどう地味チェンジしたのか?

こちらが地味チェンジしたカラオケルームです。

「変わっているんですか?」

そうなんです。

「そうなんです」と言われてもソファーとテーブル以外には大きなモニターがあって、カラオケ用のリモコンとマイクが2本も普通にセッティングされていますし、地味チェンジが見当たらないような・・・。

なんかヒントください。椅子の色が派手になったというのは反則ですよ!

例えばこの電源タップですね。

「これは普通のカラオケにはないんですか?」

そうですね。

ここでスタジオの的場浩司さんに問題!

ビッグエコーはこの部屋である事ができるように地味チェンジしたのですが、何をできるようにしたのかお答えください!

カラオケボックスにお子様も来れるように・・・。

正解を教えて下さい。鈴木さん!

このお部屋は会議室として使って頂けるように設備を整えています。

会議室利用

ビッグエコーはカラオケルームを会議室としても使えるように地味チェンジ。

平日の昼間、先程の部屋を覗いてみるとバリバリ働いていそうな会社の皆さまがサボっているのではなく、

そうそう札幌から、それがひどい話でね。札幌から大阪に行くのに・・・。

この日はIT企業「NTTコミュニケーションズ」の営業さんたちがモニターを使って大阪のスタッフとテレビ会議の真っ最中でした。

無料でWi-Fiに接続でき、インターネット環境も快適。

必要とあれば卓上用のホワイトボードやパソコンとモニターをつなぐためのHDMIケーブルもタダで借りられます。

この会議室利用、オープンの朝10時から夜7時までの平日の限定サービスで料金は1人あたり1時間600円。

カラオケ店なので1ドリンク付き。喉を潤うすにはもってこい。

でも会社にも会議室くらいあるでしょうに、どうしてわざわざビッグエコーまでやってきて会議を?

我々は営業なので今日は出先のお客様のところに行っていた。会社に戻るよりも近くのビッグエコーに来た方が早かったので集まりました。喫茶店だと大きな声で喋りづらい。カラオケルームだと社内資料も広げられるのでセキュリティーという面でスゴイ安心です。

外回りなどでちょっと空いた時間に打ち合わせをしたいビジネスマンは結構多い。

そんな時、個室でテーブルと椅子があるカラオケルームは会議にピッタリってワケです。

もちろん会議だけでなく、本来のカラオケとしても使えます。

逆転の発想

この地味チェンジ、ビッグエコーのとある悩みから生まれたものなんです。

駅前の立地なので家賃はそれなりにかかる。なんとかルームの稼働率を上げたい。外を見渡せばビジネスマンたちがたくさん歩いている。

会議室のサービスを始めたらご利用して頂けるんじゃないかなと。

駅前の一等地、ビジネス街に多いビッグエコーは皆さんが仕事をしている昼間の時間帯はどうしても暇になりがち。

だったら「ビッグエコーで仕事もしてもらおう」という逆転の発想で生まれたのが、この会議室地味チェンジだったのです。

料金設定

ビッグエコーのカラオケ料金は店舗ごとに少し異なりますが、会議室利用の場合はどのお店も一律の料金。

実はこれもビジネスマン向けの料金設定でした。

同じ会議室目的で部屋を借りても値段にバラつきがあると領収書をもらっても経費として落としづらい。

だからビッグエコーは一律の値段にしたそうです。なかなか細やかな心遣いです。

2017年4月から首都圏の27店舗で始めた会議室への地味チェンジ。鈴木さん、成果のほどは?

平日昼間の売上げがこのビジネスプランで5%程上がった店舗もあります。

「結構デカい?」

そうですね。

この地味チェンジ、ビッグエコーの全国526店舗に徐々に広がっていく予定です。

ビッグエコーは地味チェンジでがっちり!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする