[がっちりマンデー] 知らなきゃ損!?「2017儲かりキーワード」!(3)

知らなきゃ損!?「2017儲かりキーワード」!

2017 儲かりキーワード「eスポーツ」

eスポーツ・・・すいません分からないです。

見たことありますけど・・・。

「何かは?」

分からないです

eスポーツの理解度はスポーツは分かるけど「e」は何だろうって感じです。

株式会社CyberZ

eスポーツとやらの大会があるってことで東京・高田馬場の会場「ベルサール高田馬場」に行ってきました。

第一回対戦開始、よろしくお願いします。

うわ!スゴい、人がいっぱい!

試合が始まったようですが、ちょっと皆さん下を向いてスマホをいじってていいんですか?

あらら、ゲームで遊んでいる?

これは一体?

大会を主催している会社、CyberZの山内隆裕社長に聞いてみると、

「eスポーツって何なんですか?」

ゲームで競うことをeスポーツと言う。

eスポーツとはエレクトロニック・スポーツの略でコンピューターゲームを使って対戦する競技。

種目は格闘系からシューティング、オンラインカード、スポーツゲームなど色々あって競技人口は世界に1億人

でもスポーツって走ったり、汗を流したりってイメージが・・・。

日本だとスポーツは汗をかくみたいなイメージ。海外だとsport=競うって意味。それが麻雀だろうがゲームだろうが、汗をかいてなくても競技なので。

なるほど。

Shadowverse(シャドウバース)

先程の大会は2,500人が一対一で対戦する「Shadowverse(シャドウバース)」というカードゲームの関東予選大会。

ポーカーのように相手の手札を読んで戦う頭脳戦のゲーム

隣の会場は、何やら皆さん大きなモニターを見ていますけど・・・。

ゲーム画面とプライヤーが映っています。

予選の中でも有名プレイヤーの対戦は大勢で観戦しているんです。

でもこう言っちゃ何なんですが、人がゲームをしているのを見て面白いのかな?

なんだか盛り上がっている!すごい熱気!

「何が楽しんですか?」

スポーツ感覚で見てるので、僕は結構見てる時に応援する、声出して。そういうのも楽しみで来てます。

人のプレイを見て勉強になるので。

自分でも思い付かないようなプレイングとか、自分に足りてないモノが見られるのが観戦していていい。

儲かり戦略

楽しそうなのは分かったのですが、これで儲かるのですか?

「お金が入らないじゃないですか?」

その場では入らないですけど、前回大会だと200万視聴ぐらいされたのでファンが付いて、どんどん動画サイトの規模が大きくなると動画サイト自体に広告を立てたり。

というふうにCyberZでは大会の運営だけではなく、ネットでLIVE中継動画の配信もしています。

これが今、大人気!

となるとそこにCMが入って広告収入や課金収入が入る。ゲームの大会に人気が出ればグッズもどんどん売れる、そしてどんどん儲かるってワケ!

1年半前に動画サイトを収益化し始めた。その時に比べて20倍くらいの収益になってます。

毎月130%ぐらいで伸びている

ってことは山内社長、かなり、

がっちり!

なんでしょうね!

板橋ザンギエフさん

そんなeスポーツ界の頂点にいらっしゃるお方が、というもののあまり華やかな感じじゃないけれど・・・

板橋ザンギエフです。

「ハーフですか?」

違います。リングネームです。プロプレイヤーとして活動してます。

板橋さんは格闘ゲームが専門でeスポーツのプロ選手。

「ストリートファイター5」というゲームで世界大会5位の実力の持ち主。

大体月イチペースで大会出場で海外を回ったり。

「お金がすごくかかるんじゃないですか?」

それはスポンサーさんがサポートしてくれているんで。

スポンサー?

eスポーツの選手はプロともなると大会にかっこいいユニフォーム姿で登場!

そこにはバッチリ、スポンサーのロゴが・・・。

サッカーやF1と同じ、こうなるとスポンサーが資金面をサポートしてくれます。

そして大会で入賞すれば、もちろん賞金が!

大きい世界大会では優勝賞金10億円以上ってものもあるといいます。

「タダで海外旅行してゲームして暮らしているってことですか?」

ざっくり言えばそういうことです。

でも大会でいい成績を残さないと賞金も稼げないし、スポンサーもつかない。

なので毎日トレーニングが欠かせません。

反復練習したりとか。

大技は複雑なさ操作を素早く正確に行う必要が!

孤独で地味な努力があるからこそ世界を舞台に活躍をして

がっちり!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする