[WBS] 中国「仮想通貨マネー」日本へ!「投資家」も「取引所」も上陸!

ワールドビジネスサテライト(WBS)

ビットコインを始めとする仮想通貨を巡って、いま中国の投資マネーや取引所が日本に上陸する動きが加速しています。

ただその裏で熱狂に乗じて生まれた不安の種の見えてきました。

投資ツアー

2017年12月、東京の高級ホテル。

ここからバスに乗り込む中国人グループの姿がありました。

一見、ただの観光ツアーですがそのお目当ては、

おはようございます。今日はまずビットコイン取引所に行きます。

実はこれ、日本のビットコイン市場に投資をしようという投資ツアーです。

参加したのは中国のビットコイン長者、約30人。

100ビットコイン弱(約2億円)しか持ってないよ。

世界に影響を与えるような投資をしたいね。

コインチェック株式会社

最初に向かったのは渋谷にあるビットコイン取引所「コインチェック」です。

コインチェックはビットコインの取引高で国内大手。中国人でも利用できるのかと次々に質問が、

中国のパスポートでは登録できないのではないか。

中国のパスポートは使える。中国の国民IDでも承認している。

規制

ただビットコインの取引所は中国にもたくさんあります。

何故わざわざ日本に来たのでしょうか?

最大の理由が中国当局の規制です。

2017年9月から中国国内で仮想通貨の取引の大半を禁止としたのです。

この規制を逃れ、日本でビットコイン取引を続けるのが彼らの狙い。

日本政府はビットコインの分野に積極的。経済にプラスだと思う。

中国に帰ったら日本での投資を真剣に考えるよ。

取引所

今回のツアーは2泊3日、ビットコインに関連する企業など12ヶ所を見て回ります。

しかし、その途中で抜け出す参加者の姿もあります。

その一人、熊立健さん。大事な商談に向かっているといいます。

実は熊さんは中国でビットコイン取引所などを経営しています。

中国当局の仮想通貨規制で経営が行き詰まり、日本に新たな取引所を作ろとう考えていました。

日本在住のある中国人経営者と商談に臨みます。

口から溢れる笑み。

この場で日本に取引所を作るための会社を立ち上げることが決まりました。

日本に来て目と心が開いた感じだ。日本のベンチャー企業などともっと連携できないか探っていきたい。

火幣(フオビー)グループ

中国・北京、大手の取引所も日本上陸へと動き出しています。

中国最大級のビットコイン取引所を運営する火幣(フオビー)グループ。

2017年12月、日本のSBIホールディングスとの資本業務提携を発表しました。

中国を中心に165万口座を抱えるフオビー。

李林CEOが単独インタビューに応じました。

世界の市場を開拓する第一歩として「日本上陸」と今回の提携を決めた。SBIとともに目指すのはユーザー数と資産・取引量で日本一の取引所だ。

五行コイン

日本上陸が加速する中国の仮想通貨マネー。

一方で不安な動きもあります。

中国の個人投資家が作ったある仮想通貨の宣伝動画。

五行コイン最高!五行コイン万歳!

額にあるのが彼が宣伝する仮想通貨「五行コイン」。

他の人を勧誘すればボーナスが付く仕組みのため、ネット上には宣伝動画が溢れました。

さらに元本が1年で8倍になると謳っていたのです。

中国当局は2017年にこのコインを作った男を詐欺の疑いで摘発。

被害者は、

「一夜にして金持ちになる」という宣伝文句を信じた。仮想通貨という「イノベーションの皮」をかぶった勧誘を信じた。

中国メディアはこの事件を連日報道。

被害は中国全土で40万人、日本円で360億円にも上ったと伝えられています。

雲尊コイン

しかし再度、疑わらしい仮想通貨は生まれ続けています。

以前、五行コインを扱っていた店、今は別の仮想通貨を売り出していました。

これを買えば元本が1年後に5倍になるなどと謳っています。

店主に話を聞くと、なんと日本でも販売をしているといいます。

仮想通貨は中国国外では認められている。特に日本の市場は開放的だ。

詐欺ではないかと疑問をぶつけると、

詐欺コインではない、これは「雲尊コイン」だ。

おい、撮影するな!

日本に流れ込む中国の仮想通貨マネー。

熱狂の裏に危うさが潜んでいるかもしれません。