[WBS] ホンダ燃料電池車を経産省に納入

ホンダ燃料電池車を経産省に納入

本田技研工業株式会社

2016年3月10日に発売を開始した新型燃料電池車「クラリティ フューエル セル」。

その「クラリティ フューエル セル」が2016年3月17日に経済産業省に納入されました。

納車式には本田技研工業株式会社の八郷隆弘社長などが出席をしています。

経済産業省では2台が導入され、今週から幹部公用車として利用される予定です。

今後の課題

東京都内でしたら水素ステーションの数ヶ所あるので大丈夫だと思います。
しかし地方にいけば水素ステーションの数は激減します。

今後官民が共同でインフラを整えていかないと素晴らしい技術で作られた新型燃料電池車の発展が鈍くなりそうですね。
頑張って、一般庶民でも、ハイブリット車並みに普及していく時代が来ると良いですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする