「WBS」「ガイアの夜明け」「がっちりマンデー!!」「カンブリア宮殿」などのテレビ番組で気になったニュースからお金と仕事を考えて豊かな生活を目指します。

[がっちりマンデー] うまくいかない地方を儲からせる「地方コーチ」!(1)

2016年4月17日

うまくいかない地方を儲からせる「地方コーチ」!

日本の地方にはとびきりの技術優れた製品をつくっているのになぜか儲かってない所があります。

株式会社星野リゾートの星野佳路社長も

日本の地方には世界一の質のモノを作る人はたくさんいるんですけれど、世界一売るのが下手!

と言っています。

株式会社地域活性プランニング

大分県豊後高田市に現れた株式会社地域活性プランニングの宮川崇さん。

株式会社地域活性プランニングはロケ誘致のコーチです。

ドラマや映画の地方ロケ撮影は役者さんやスタッフの宿泊費や食事代などいろんなお金が地元に落ちます。

大人気ドラマ「あまちゃん」の舞台となった岩手県久慈市、岩手県への経済効果は約32億円にもなったそうです。

だから今、日本各地でロケの誘致合戦が繰り広げられています。

宮川崇さんはロケの誘致を成功させるためのコーチをしています。

今回、コーチをお願いをしたのは豊後高田市企画情報課の吹上幸司さん。

ロケ誘致を依頼をするのは県や市町村が大半です。
株式会社地域活性プランニングではロケ誘致のノウハウを伝授してコンサルティング料を頂く仕組みを作りました。

またロケ可能なスポットをネットで紹介するサービス「ロケなび!」も行っています。

吹上幸司さんが案内をしたのは昭和30年代の商店街の雰囲気を醸し出している新町通り商店街「昭和の町」。

しかし、宮川崇さんによるとこの商店街はロケ地には向いていない。

向いているか、向いていないかと言えば向いているとは言えない。良い場所だから観光客が集まっているとは思うんですけど、ただ昭和しか撮れない。

ドラマや映画のロケ地選びの重要なポイント

時代設定や場所が特定されないこと。

特に敬遠されがちなのが観光名所です。

宮川崇さんが選んだのは何もない原っぱ。

ここの川べりひとつとっても、ここのアングルだけ切り取れば時代劇や昭和よりもっと前の設定だったり、こういう所も写真で映像業界の方にPR。どんどん発信していく。

この場所を選んだポイントは、

  • 人工物が映り込まない場所
  • 川。山並み。野原が画に収まる

次に選んだのが、まっすぐ伸びる田んぼ道。
絶好のロケ地なんだそうです。

こういう場所は東京都内にはない。基本的に東京でロケすることが多い中で、大分に呼んで撮影してもらうとなると東京で撮れない画が大事

この場所の一番の売りは左右対称の景色

監督さんの好みにもよるが、シンメトリー、線対称の画を望まれる方がいる。半分にした時に同じような景色が映りこむのを好む。

さらにロケ地選びに大切なことはトイレや駐車場など

「お手洗いはここです。」「お食事場所だったらここです。」「車はここに何台停められます。」全部把握された上でロケハンやお問い合わせが来た時に紹介すると「ここでロケができるんだ!」と認識してもらえる。そこまで把握された方が良い!

株式会社地域活性プランニング

株式会社地域活性プランニングでは2003年にスタートして以来、100本以上のロケ誘致に成功しています。

現在、全国の県や地域からロケ誘致のコーチの依頼が殺到中です!

  • ブログランキングへ
  • にほんブログ村

カテゴリー:ビジネス関連
タグ:

コメントを残す

プロフィール

嫁と4歳の息子の3人暮らしの30代後半のサラリーマンです。
詳しいプロフィール

カレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  • ブログランキングへ
  • にほんブログ村

TOPに戻る