[WBS] ベネッセの原田社長が退任!「プロ経営者」受難の時代!?

ワールドビジネスサテライト(WBS)

株式会社ベネッセホールディングス

2016年5月11日、通信教育最大手の株式会社ベネッセホールディングスは6月25日付けで会長兼社長の原田泳幸氏が退任し副社長の福原賢一氏が社長に昇進する人事を発表しました。

アップルコンピュータ株式会社、日本マクドナルド株式会社、そして株式会社ベネッセホールディングスと渡り歩いた原田泳幸氏はいわゆる「プロ経営者」の代表格でしたが、わずか2年での退任となりました。

決算説明会

2016年5月11日に東京都内で開かれた株式会社ベネッセホールディングスの決算説明会。

原田泳幸会長兼社長は


最初にお詫びを申し上げます。6月25日の任期満了をもって退任する。たとえ事故のインパクトであっても業績結果には経営トップのけじめは問われる。

株式会社ベネッセホールディングスの2016年3月期の最終損益は約82億円の赤字で2年連続の赤字でした。

不振の原因は主力の通信教育講座の会員数の減少です。

元々減少傾向だった2014年6月に原田泳幸氏が会長兼社長に就任しました。
直後の2014年7月に顧客情報の流出事件が発覚します。

その後多くの会員が退会し、巻き返しを図った今年も会員数を増やすことはできませんでした。

しかし原田泳幸会長兼社長は業績回復の道筋はつけられたといいます。

原田泳幸会長兼社長がこの2年で取り組んだのがタブレットを使った教材の開発です。
この教材を低価格で提供するなど改善していくことで会員は取り戻せるといいます。


変革のステージは終わり実行のフェーズ。実行のマネジメントは次の経営陣に委ねても十分。

原田泳幸氏

10年以上にわたりトップを務めた日本マクドナルド株式会社から鳴り物入りで株式会社ベネッセホールディングスのトップに就任した原田泳幸氏。

2014年7月2日の会見時には


「プロ経営者」とか「原田マジック」とか言われて変な記事が出ているが、真面目にコツコツやっていきます

外資系企業の経験を買われ期待を一心に背負いましたが、プロ経営者の原田泳幸氏にとっても顧客情報の流出事件は乗り越えられませんでした。

藤森義明氏

同じ難しさに直面したのは株式会社LIXILグループの藤森義明社長です。

株式会社LIXILグループが5月9日に開いた決算発表の記者会見。

アメリカのゼネラル・エレクトリックで上級副社長を務めた藤森義明社長も買収した中国の子会社の不正会計などが影響し6月の退任が決まっています。

原田泳幸氏と藤森義明氏、受難の時代を迎えたプロ経営者にとって活躍のチャンスは再び訪れるのでしょうか?

原田泳幸会長兼社長は決算説明会の挨拶の最後には涙ぐみながら


お客様と社員に深く感謝している。


社員が一丸となってここまで私についてきてくれた。決して無念の気持ちで話したつもりではありません。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする