「WBS」「ガイアの夜明け」「がっちりマンデー!!」「カンブリア宮殿」などのテレビ番組で気になったニュースからお金と仕事を考えて豊かな生活を目指します。

[モーニングチャージ] 増える個性派しょうゆ!飛び跳ねず便利な「泡」!

2017年1月12日

モーニングチャージ

泡醤油

容器の中の粉に少し水を入れてかき混ぜれば、あっという間にムース状の泡。実はこれが醤油、「泡醤油」と呼ばれいま口コミで広がりつつあるんです。

2016年から東京の「まるごとにっぽん蔵」でも泡醤油が売り出されました。

買いに来られたお客様にその魅力を訪ねてみると、

フワッとしているから肉にも絡めやすい。

刺身とか肉にも醤油の量が少なくて済む。

株式会社京の舞妓さん本舗

ブームの兆しの泡醤油。その秘密に迫るため大阪の製造元「紀陽食品株式会社」を訪ねました。

泡醤油を仕掛けたのは京都のベンチャー企業、株式会社京の舞妓さん本舗の今井洋介代表。

発想のきっかけは些細な出来事でした。

親族で集まって食事をしているとき、すしをみんなで食べていたが、子どもがしょうゆを飛び散らして。

しかも、せっかくの晴れ着を汚してしまう始末。

そこで思い出したのが京都の料亭で見た光景。醤油が垂れて着物を汚さないように泡のようなものが醤油として使われていたんだとか。

ならば、これを商品化することはできないか?

試行錯誤して突き止めたのがでんぷんと卵白の存在。醤油を泡立たせるには欠かせない存在。

しかし、

ドロドロかカチカチは作りやすいが、フワッとしているが、ひっついて跳ねないのが難しい。

それでもでんぷんの種類と配合を研究して1年がかりでようやく商品化。

液体のように流れ落ちないから、ネタの上に乗せるなど、新しい料理の演出ができるのも人気の理由です。

薬味もつけることができる。盛り付けもきれいに食べられる。

さらにこんな使い方も、

肉やパスタにすごく合うので海外でもいろいろ使ってくれたら嬉しい。

末廣醤油株式会社

一方、使い勝手ではなく斬新な味覚のアイデア醤油もありました。

薄口醤油の発祥の地といわれる兵庫県たつの市。

創業137年になる末廣醤油株式会社です。保存料などを使わない天然醸造で国産大豆から作る伝統の醤油。

ところが7年前からある食材を取り入れた醤油を作っています。

それが、末廣卓也社長によると、

実は果物です。バナナ、さくらんぼ、洋梨などです。

どういうことなんでしょう?

答えはこちらの商品「フルーツ醤油」。薄口醤油に様々な果汁を加えた新感覚の醤油。種類は年々増えていき、「洋梨」「チェリー」「パッションフルーツ」「ブルーベリー」「バナナ」「カシス」「ラズベリー」「ブドウ」「ザクロ」「モモ」と10種類。

醤油を若い方にいろんなカタチで親しんでもらう一つの方法。

株式会社エドデザインワークス

東京でこの「フルーツ醤油」を買えるのが目黒区のエドデザインワークス。

店内には女性が多く詰めかけていました。

美味しい。優しい味がする。

ポン酢みたいだがフルーティ。

というのも果汁を加えることで、通常の醤油と比べ塩分は50%カット。ほんのりとフルーツの香りも漂う健康志向の醤油なんです。

実はこの醤油を発案したのがエドデザインワークスの岡崎利彦代表。日本の伝統的な食べ物を世界に向けてリニューアルしたいと色んな食べ方を提案しています。

モッツァレラチーズとバニラアイス。

アイスにカシスのフルーツ醤油。その味は?

美味しい。ヨーグルトみたい。

ピザやサラダにも合うと評判です。

日本の良いモノに新しいモノを加えて進化させていきたい。

縮小する一方の醤油市場で新たな醤油は歯止めになるのでしょうか?

  • ブログランキングへ
  • にほんブログ村

カテゴリー:ビジネス関連
タグ:

コメントを残す

プロフィール

嫁と4歳の息子の3人暮らしの30代後半のサラリーマンです。
詳しいプロフィール

カレンダー

2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  • ブログランキングへ
  • にほんブログ村

TOPに戻る