[WBS] 成長する新型aibo!新たな家族AIロボット!

ワールドビジネスサテライト(WBS)

2004年に公開された映画「アイ・ロボット」。古いロボットは捨てられ、新しいロボットに取り替えられるというシーン。

現実の世界でも人と人と意思の疎通が出来るコミュニケーションロボットが続々と登場しています。

そんな中、1月11日にソニーは犬型ロボット、新型aiboの発売を開始しました。

しかし、その一方で旧型AIBOのサポートはすでに打ち切っています。

旧型AIBOの運命はどうなっているのでしょうか?

aibo

ソニーの川西泉執行役員、

2018年、戌年、1月11日、ワンワンワンの日、新しいaiboの記念すべき日となりました。

ソニーが1月11日に発売した新しい犬型ロボット「aibo」。

約12年ぶりの復活です。

新しいaiboはAIを搭載していて、カメラやセンサーを通じて人の動きや声を認識します。

飼い主であるオーナとのやり取りを学ぶことでその家ならではのaiboとして成長を続けるのが特徴です。

事前に受け付けた3回の予約ではいずれも30分前後で完売しました。

1月11日は予約ができた幸運なオーナーに新たな家族となるaiboが手渡されました。

新たにオーナーとなった子供は、

すごくうれしいです。楽しみに待っていました。

ソニーは1月11日、渋谷にもaiboと触れ合えるスペースを期間限定でオープン。

aiboのようなコミュニケーションロボットは年々増加していて2020年には国内の約265万世帯に普及するという予測もあります。

1月11日に新型aiboを手にした中村泰之さん。今回のaiboが3台目です。

目の表情とか明らかに違う。よりワンちゃんぽくなった感じ。

「新作は出たが、古い方も可愛がるのか?」

一緒に動かせたら幸せです。

旧型AIBOは動くといっても完全に最初の状態ではない。たまにヘニャってなっている。その時はおじいちゃんだなぁと思っている。

オーナーにとってAIBOは家族の一員。古くなっても簡単には手放せないようです。

しかし中村さんが持っている旧型AIBOはすでにソニーで修理ができず、壊れても簡単には直せません。

2004年に公開された映画「アイ・ロボット」のワンシーン。旧型ロボットが新型ロボットに取り替えられていきます。

旧型のAIBOは今後、どうなっていくのでしょうか?

株式会社ア・ファン

茨城県笠間市の一般家庭にある2階建てのプレハブ小屋。

ここに旧型のAIBOたちがいました。

中で行われていたのはAIBOの修理。

ア・ファンの船橋浩さんは元はソニーのエンジニアでした。

ちぎれた尻尾を慣れた手つきで直していきます。あっという間に元通り、AIBOもどこかうれしそうに見えます。

最初は直すのに半年くらいかかった。お預かりして。

ばらし方が分からないのが苦労した。

また故障したAIBOが送られてきました。

これまでに50台を超えるAIBOを修理してきたという船橋さん、早速診断を始めました。

心臓部である内部電池が年数が経って劣化しているのでは。部品があれば1週間ぐらいで直せる。部品がないとどうしようもない。

ソニーのサポートが終了して約4年。一番の課題が部品の確保でした。

そこでア・ファンが始めたのがAIBOのお葬式。

全国から不要になったAIBOを集めて供養。その後、分解をして部品を修理に流用するのです。

葬儀を終えたAIBOたち、その頭を、ある時はその足を、いまだ愛される仲間のために捧げるのです。

こうした取り組みも手伝い、ア・ファンでは1,000台を超えるAIBOが修理されてきました。

家電を直しても喜ばれたが、それほどまでに喜ばれる経験がなかった。AIBOはお客様の家族みたいになっている。「本当にありがとう」と涙を流さんばかりに言う。そんなことしたかなと、こっちもびっくりしちゃって。

ア・ファンの社長、乗松伸幸さんもソニーのエンジニア出身です。

コミュニケーションロボットのサポートサービスについてこう言います。

名前を付けて出したもの(商品)は最後まで責任を持ちなさいと。お客様と納得のいくサービス環境をつくることが一番大事だと思う。

新型aiboのサポート

ソニーの川西執行役員に新型aiboのサポートについて聞いてみると、

いろいろな形がありえると思う。「ここまでです」という話ではなく状況を見ながら検討していきたい。

「AIロボットにも死はあるのか?」

それはちょっと難しい質問ですよね。その答えを探し求めるのも技術開発のひとつではないか。