[モーニングチャージ] シニア世代向けのフィットネス!スーパーの店内で気軽に運動!

モーニングチャージ

年々拡大傾向にあるフィットネス市場でシニア世代のためのフィットネスクラブが続々と登場しています。

その最新事情にフォーカスします。

3FIT

都内にあるスーパーマーケットのイオン葛西店。3月に店内にちょっと変わったフィットネス「3FIT」がオープンします。

利用者が行っていたのは、

痛みはないですか? 痛気持ちいいくらいですか?

股関節のストレッチ。

実は設置してある機器のほとんどがストレッチ用で一般的なフィットネスにある動きが激しい機器は全くありません。

そしてフィットネスの半分は休憩スペース。コーヒーマシンなども置いてあり利用者がゆっくり過ごせる空間づくりを行っています。

フィットネス業界の市場規模は近年増加傾向にあります。この市場に新たなるターゲットを取り込む動きが加速しています。

このフィットネスでは時間に余裕があるシニアに向けてのサービスを充実させ利用者の定着を狙っています。

さらに誰でも利用できる1周180メートルのウォーキングコースをスーパーの店内に設置。雨の日でも運動ができるように工夫されています。

そして朝は無料でラジオ体操などの運動イベントを実施。シニア世代を迎え入れることで店舗の売上にもつなげるのが狙いです。

イオンリテール株式会社の鈴木茂伸さんは

店に来る高齢者の平均滞在時間は3時間。3時間で体操、お茶、食事をしてもらい営業上プラスになっていると思う。

医療検査をもとにトレーニング

Valeo Pro

一方、群馬県高崎市にあるフィットネス「Valeo Pro」。会員数が1,500人以上いる地元では人気の施設です。

一見、普通のフィットネスのようにも見えますが会員の方が向かった先で行っていたのは、

チクッとしますよ。

なんと採血です。実はここは病院が運営しており一般のフィットネスでは受けることができない高度な医療検査や血液検査なども行うことができます。

その結果をもとにその人に合ったトレーニング案を作成。またインストラクターがつき指導をしてくれるのです。

三沢浩司さん

普段歩いている時と比べてどうですか?

重たいです。

ここに1年ほど通っている三沢浩司さん(49歳)。

以前、中性脂肪の数値の高さを指摘されこちらに入会。運動の結果、中性脂肪は231mg/dlが127mg/dlに、体重は99キロから89キロになり適正値に近付いているといいます。

もともとここに入院していたときにフィットネスをすすめられた。

「それがなかったら?」

もっと太っていたでしょうね。

メリット

「Valeo Pro」の小林大介さんは、

体脂肪や体重は誰でも測れるが血液検査や内臓脂肪は医療機関に行かないと検査できない。そこは医療機関がやっているメリットだと思う。

このようなサービスが受けフィットネスに縁がなかったシニア世代の人気が高まり、いまでは会員の約5割が60歳以上になったといいます。

60代は会社を退職した人が多い。どれだけ健康寿命を伸ばせるか皆さん考えていると思う。

充実したサービスのシニア世代向けのフィットネス。今後どのような広がりを見せるか注目です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする