[WBS] 孫を狙うお盆商戦!夏に「おせち」で仕掛ける!

ワールドビジネスサテライト(WBS)

イオンリテール株式会社

新しい食のスタイルを提案したい。

6月21日、イオンリテール株式会社がこの夏の目玉商品として発表したのは「夏おせち」。

平均価格は1万円で、8月13~14日のお盆の期間だけの限定販売です。

正月に食べるイメージの強い「おせち」を夏仕様にしたとのことです。

春日夏子さんは

白くて涼しげな夏らしい箱は2段になっていて、おせちの雰囲気を残しています。中にはお肉がたっぷりと入っています。

魚介類や野菜類が多い正月のおせちと比べて、肉料理が多い夏おせち。

意識するのはお盆に帰省する「孫」たちだといいます。

イオンリテール株式会社デリカ商品統括部の西野克部長は

子どもの笑顔を見たいということでスイカのロールケーキを詰め込んでいる。

小売業界では一般的に2月と8月の売り上げが落ち込みやすいとされています。

恵方巻き

近年、イオンリテール株式会社では2月の対策として、もともと一部の地方で食べられていた「恵方巻き」を新たなイベントとして全国で展開。

孫世代の子供たちを中心にいまでは2月の人気商品になりました。

夏おせちで狙うのは2匹目のドジョウです。

このおせちで価値を見ていただくと冬のおせちにもつながる。われわれに対するお客様の期待も高まってくる。

夏の「ポスト恵方巻き」として、恵方巻きを超えるくらいの意気込みでいる。

株式会社ロフト

お盆の孫消費を狙った商品展開は意外なところにも広がっています。

雑貨や文房具などを扱う株式会社ロフト。

店舗担当と商品を仕入れるバイヤーが打ち合わせをしています。

夏暑くなってくると「お盆玉」売れてくると思う。

増えてきているので、「『お盆玉』ありますか?」という問い合わせがある。

2人が話していたのは「お盆玉」と書かれた小さな「のし袋」。

お盆玉

「お盆玉」とはどんなものか?

川戸美和バイヤーは

お孫さんとか実家に帰ったときに、お年玉の夏バーションのような、お盆に渡す「おこづかい袋」。

お年玉ならぬ、お盆玉袋。

夏らしいデザインのものから、「ジュース代」、「自由研究費」と書かれたものまで。

お盆玉の相場

お盆玉の相場は

  • 小学生:1,000~3,000円
  • 中学生:3,000~5,000円

と言われています。

お盆玉袋は7月から約120商品を展開。去年より2割増やすといいます。

株式会社ロフトの狙い

株式会社ロフトがお盆玉袋に力を入れるのは夏に伸び悩む文房具の売り上げを支える狙いもあります。

文房具が5月のゴールデンウィーク後から夏休みが始まる間に売り上げが落ち込む。夏に向けて和雑貨や夏の商材を強化する。