[WBS] 人手不足時代 採用は「コネ」頼み?

ワールドビジネスサテライト(WBS)

リクナビ2017 LIVE

2016年3月21日に東京ビックサイトで行われた企業の合同説明会「リクナビ2017 LIVE」。
184社が出展し、約4,000人の学生が集まる一大イベントです。

空前の売り手市場の就職活動。
学生も業種や職種を絞らずに条件などを確認して就職活動を行っています。

大手企業が何百人、何千人と採用を始めている状況では地方の中小企業の採用状況は厳しくなっています。

中途採用

本田技研工業株式会社では2016年の技術系の中途採用を4割増の250人にしています。

しかし株式会社リクルートキャリアでは中途採用でも人材を確保するのは難しいと考えています。
株式会社リクルートキャリアの就職みらい研究所の岡崎仁美所長は言います。

新卒も採りづらい、中途も採りづらいけれども、人材のレベルを下げて採用しても活躍できなければ意味がない。しかし数を確保しなければ事業継続に支障をきたす。人事はかなり苦労している。

株式会社もしも

2004年に創業したベンチャー企業、株式会社もしも。
個人が手軽にネットショップを運営できるサービスを提供しています。

転職情報サイトなどで積極的に中途採用を採用してきていましたが、ここ1年で応募が半減。

そこで実藤裕史社長が行ったのは「縁故採用」。
社員の知り合いなどをコネを使った採用方法です。

条件には「原則として前職の給与水準以上を保障」と書かれています。
採用が決まれば紹介した社員に報酬30万円が支給されます。

紹介できた人は相性が初めから良いことが多い。定着率も非常に高い。

株式会社メルカリ

フリーマーケットアプリが2,000万ダウンロードを超えるヒットになった株式会社メルカリ。

わたしも利用させていただいたことがあります。

株式会社メルカリでは縁故採用で人材の確保が進んでいます。

社員の数は2年で10人から約120人に増加しました。
株式会社メルカリの人事担当、小泉文明取締役によると

正社員の半分以上が縁故。コネクションの中で相手のことが仕事を通して分かっている。

と言います。

実際に縁故で入社した写真の方は

職場環境などが分かったので一気に転職先の選択肢に入った。紹介してくれた知り合いのためにも気の抜けた仕事は出来ない。

と言います。

株式会社メルカリでは縁故紹介がしやすいように「採用会食」を行っています。
写真が入社してもらいたい知り合いを食事に誘う仕組みが「採用会食」です。

食事をしながら株式会社メルカリへの理解を深めてもらい転職を促します。
メールでいつ誰と行くかを報告するだけで社員全員が利用できます。
もちろん食事代は会社経費として扱われます。

基本的には全社員がヘッドハンター。優秀なメンバーが入ってくるので事業が伸びる。縁故の採用は非常に競争力を生む採用手法。

縁故採用について

この情報を知るまでは、あまり良い意味で捉えていなかった縁故採用。

良い企業が良い人材を採用するためには素晴らしい方法ですね。

わたしの会社でも知り合いに良い人がいないかと聞かれます。
しかし、正直知り合いに紹介できるような勤務条件ではありません。

やっぱり、良い会社には良い人材が流れていくんだと改めて思います。
勤務環境、設備など社員が「うちの会社は良い会社」だと思えないと縁故採用って難しいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする