[ゆうがたサテライト] 主婦が考案「づんの家計簿」!インスタ映えで18万部ヒット!

ゆうがたサテライト

家計簿ってつけていますか?

なかなか長続きしないという方も多いと思いますが、家計簿を上手に活用すれば、節約につながります。

今回は簡単だけど奥が深くて役に立つユニークな家計簿を紹介します。

芳林堂書店

末武里佳子キャスター

書店にやって来ました。いま注目の家計簿はどんなものか探してきます。

書店の特設コーナーには50種類以上の家計簿がズラリ。

人気の商品を高田馬場店の山本善之店長に聞いてみると

毎年同じものを買う人が多い。かなり前からの定番商品が売り上げの上位に入っています。

そんな中、注目したのが「づんの家計簿」。

づんの家計簿

シリーズ累計で18万部を売り上げたヒット商品です。

中は方眼紙のようなシンプルな作り。

一体どうやって使うのか?

著者であるづんさんを訪ねました。

づんさん

づんさん(31歳)は3人の子供を持つ専業主婦。

彼女が編み出した家計簿とは、

大根・・・小松菜・・・

なんとその日に買った商品をすべて書き写しています。

づんさん(@zunizumi)がシェアした投稿

そうすることで商品の底値を把握できたり無駄な出費に気付きやすくなるといいます。

「づんの家計簿」のポイント(1)
買った商品をすべて書き写す
→商品の底値や無駄な出費を把握できる

もうひとうのポイントが赤字で書かれた数字。

日々の支出をどんどん合計していくことでその日までに使った金額がひと目で分かります。

「づんの家計簿」のポイント(2)
支出の合計金額を毎日記入
→その日までに使った金額がひと目で分かる

づんさんは、

今月の予算を12万円にしようと決めていると12万円のうち4万円ももう使っている。クリスマスもあるし、年末もあると思うと他の日でお金を使いすぎないようにしようと意識できる。

この家計簿をインスタグラムに投稿したところ、「インスタ映え」する家計簿として大反響。

「づんの家計簿」を参考にした投稿は3万件を超えています。

株式会社扶桑社

続いてやって来たのは都内の出版社。

簡単で長く続けられると話題になっているのが「クリアファイル家計簿」です。

扶桑社の友部綾子さんは、

クリアファイルがブック状になったものを用意していただく必要があります。

文房具店などで売っているクリアファイルが家計簿になるのです。

まずは1ヶ月分の日付が書かれた紙をファイルの中に入れます。

「クリアファイル家計簿」のポイント(1)
日付が書かれた紙をファイルに入れる

それぞれの日付の所に2,000円づつ入れていきます。

「クリアファイル家計簿」のポイント(2)
それぞれに2,000円づつ入れる

朝出かける前に1日の予算2,000円を財布に入れます。これで1日過ごします。

そして1日が終わったらその日使った分のレシートとファイルの中へ入れます。

「クリアファイル家計簿」のポイント(3)
レシートとおつりをファイルに戻す

「レシートの金額は書かない?」

書かなくていいんです。レシートは一応入れておくもので興味があったら見てくださいという程度のもの。

余ったお金はご褒美として月末に使うことができます。

「クリアファイル家計簿」のポイント(4)
余ったお金はご褒美として月末に使用可

今まで色々家計簿をやって、アプリもやったけど続かなかったという人におすすめ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする